Microsoft Interflow でより強力に連携したセキュリティ コミュニティを展開する


変更履歴:

2014/07/11: Microsoft Interflow の日本語ページ公開に伴い、英語ページへのリンクから日本語ページへのリンクに変更しました。


本記事は、Microsoft Security のブログ “Driving a Collectively Stronger Security Community with Microsoft Interflow” (2014 年 6 月 23 日公開) を翻訳した記事です。

本日、マイクロソフトは、サイバー セキュリティ業界に従事しているアナリスト、および研究者用のセキュリティ、そして脅威に関する情報を交換するプラットフォーム、Microsoft Interflow のプライベート プレビューを発表致します。Interflow は、脅威、およびセキュリティの情報をコンピューターで読み取り可能なフィードを自動で作成し、ほぼリアルタイムに業界およびグループに情報を共有できるようにするために業界規格を利用しています。このプラットフォームはセキュリティ専門家がより早く脅威に対応できるための支援を目的としています。また、以前は手動で実施していたプロセスを自動化することでコスト削減ができます。

マイクロソフトが継続している、サイバー セキュリティ コミュニティとの積極的なコラボレーションは、10 年以上にわたって尽きないアイディア、そしてイノベーションの源になっています。Microsoft Active Protections Program (MAPP) は、セキュリティ ソフトウェアのプロバイダーがソフトウェアの脆弱性情報に早期にアクセスできるようにと、2008 年に開設されました。同様に、コミュニティは Interflow の発想源でもあります。今日、データ交換における問題、例えば、フォーマットの不一致、管理面での問題、そしてデータ相関性の複雑さなどが、インシデント レスポンス業界のより効率的な対応を阻んでいます。FireEye 社のセキュリティ研究者 VP である Zheng Bu 氏は、「サイバー セキュリティ コミュニティが、より生産的な方法で協力し、行動に移していけば利益につながります。マイクロソフトが、このようなプラットフォームに投資し、コミュニティ全体が利益を得られるように展開していくのを目の当たりにするのは心強いです。」と述べています。

より強力に連携したサイバーセキュリティ エコシステムとは、消費者およびビジネスのためのより良い保護を意味します。業界の連携には、教育および金融の分野などで確立された連携など、たくさんの例があります。最近、これと同様に、小売業界でサイバー セキュリティの連携が始まりました (英語情報)。小売業者、およびその他の人々が脅威の指標を共有して直ちに行動を起こすため、サイバー攻撃を阻止できる、あるいは攻撃による損害や攻撃が波及するのを最小限に留めることができます。Interflow は、コミュニティが国際的な Computer Emergency Response Teams (CERTs) によって形成されているか、あるいは業界が形成しているかに関わらず、この種のコミュニティ、そしてピア ベースの共有を実現化します。

Interflow を利用して、セキュリティ、および脅威の情報を共有するのが、正確には何を意味するのか、疑問に思う人がいるかもしれません。その答えは非常にシンプルです。Interflow とは、ユーザーが何のコミュニティを形成するのか、何のデータ フィードを自身のコミュニティに持ってくるのか、そしてそれらデータ フィードを誰と共有するのかを決定する、配信されたシステムです。さらに、公開されている規格、STIX™ (Structured Threat Information eXpression) (英語情報)、TAXII™ (Trusted Automated eXchange of Indicator Information) (英語情報)、そして CybOX™ (Cyber Observable eXpression standards) (英語情報)は、プラグイン構造を介して、Interflow が既存の運営、および分析ツールと統合できるのです。つまり、サイバー セキュリティにかかる費用を上げる、独占所有権のあるデータ フォーマット、アプライアンス、または定期購読に対して縛りがないのです。

レスポンス コミュニティでオペレーションを行っている多くの人々にとって、脅威データが急激に増加している中で、防御にかかる費用を削減、そして管理していくのは極めて重要な課題です。Microsoft Azure パブリック クラウド上で起動している Interflow は、クラウド コンピューティングの主要な基盤である、迅速なスケールアウトが可能で、セキュリティ インフラストラクチャにかかる費用を削減できます。Interflow が、セキュリティ、および脅威のデータのインプット、および流し込みを自動化するため、組織は、手動のデータ編集に時間を割かずに、カスタマイズされた監視リストを介して分析、および行動に移すことに優先順位付けができます。

Interflow の早期のユーザーとして、マイクロソフトのさまざまなネットワーク セキュリティ チームはこれらの利益の恩恵を受けました。マイクロソフトは、プライベート プレビューの期間中に、Interflow コミュニティで、自社製品、およびサービスを保護するために利用したセキュリティ、および脅威のデータを共有しようと計画しています。専任のセキュリティ インシデント レスポンス チームを抱える組織、および企業は、自社のテクニカル アカウント マネージャー、あるいは電子メールで、mappbeta@microsoft.com (英語のみ) にプライベート プレビューについてお問い合わせいただけます。マイクロソフトは、将来的には MAPP メンバー全員が Interflow を利用可能にする計画を立てています。

初めに、Interflow の発想源となったのがサイバー セキュリティ コミュニティだったと述べました。マイクロソフトは、今後のロードマップをコミュニティと連携して作成していくのを心待ちにしています。本日の発表は、ボストン、マサチューセッツで開催される第 26 回 FIRST Conference (英語情報) に合わせたものです。会議の参加者は、マイクロソフト ブース #8 に立ち寄れば、デモ版を見学し、Interflow のプライベート プレビュー版への参加を検討いただけます。

最後になりますが、よく寄せられる質問に対する回答はこちら (英語情報) を参照してください。また、Interflow がどのようにして、より強力に連携したサイバーセキュリティ コミュニティを実現可能にしているかについては、http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/dn750892 でご確認ください。

Microsoft Security Response Center (MSRC)

リード シニア セキュリティ ストラテジスト

ジェリー・ブライアント

Skip to main content