Windows XP 向けのマイクロソフト マルウェア対策サポート


本記事は、Malware Protection Center のブログ “Microsoft antimalware support for Windows XP” (2014 年 1 月 15 日公開) を翻訳した記事です。

マイクロソフトは、2014 年 4 月 8 日 (米国時間) に Windows XP のサポートを終了することを発表しました。この日を最後に、Windows XP はサポートされているオペレーティングシステムではなくなります。お客様がオペレーティング システムの移行を完了する支援をするために、マイクロソフトは2015 年 7 月 14 日 (米国時間) まで Windows XP 向けにマイクロソフトのマルウェア対策ソフトの定義ファイル、およびエンジンに関する更新プログラムの提供を継続します。

これは、Windows XP のサポート終了日、あるいはこれら定義ファイルを配信し、適用するマイクロソフト製品の Windows XP のサポートには影響を与えません。

企業のお客様については、Windows XP 上で稼働している System Center Endpoint Protection、Forefront Client Security、Forefront Endpoint Protection および Windows Intuneが該当します。一般のお客様については、Microsoft Security Essentials が該当します。

マイクロソフトによる調査の結果、サポート外のオペレーティング システム上のマルウェア対策ソリューションの効果は限られていることが判明しています。今日の脅威の動向に対し、防御を行うよう設計された最新の動向にあったソフトウェア、およびハードウェアを使用することにより、十分に保護されたマルウェア対策ソリューションが実現できます。

マイクロソフトは、あなたの PC を保護するために以下のベスト プラクティスを推奨します:

  • 強化されたセキュリティ技術を備え、定期的な更新プログラムによりサポートされている最新の動向にあったソフトウェアを利用する
  • インストールしているすべてのソフトウェアに対し、定期的にセキュリティ更新プログラムを適用する
  • 最新のウイルス対策ソフトウェアを利用する

マイクロソフトの目標は、お客様に、最適なマルウェア対策ソリューションを提供することです。マイクロソフトは、引き続き、目標を達成するために、お客様、そしてパートナー様と協力し、Windows XP のサポート終了に向けて、お客様が移行を完了できるよう支援を行います。

MMPC


関連リンク: