セキュリティ アドバイザリ 2914486「Microsoft Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される」を公開


2013 年 11 月 28 日、セキュリティ アドバイザリ 2914486「Microsoft Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される」を公開しました。

 

Windows XP および Windows Server 2003 のカーネル コンポーネントの脆弱性に関するレポートについて調査を行っています。Windows Vista 以降の Windows は、この脆弱性の影響はありません。Microsoft Active Protections Program (MAPP) メンバーの 1 社が、サードパーティ製品のリモートでコードが実行される脆弱性により危険にさらされているシステムで、この問題が悪用されていることを発見しました。この限定的な標的型攻撃は、悪意のある PDF ファイルを開かせることで、Windows XP および Windows Server 2003 に存在するこの脆弱性を悪用します。

 

現在、この問題に対応するセキュリティ更新プログラムの開発に向け取り組んでいますが、それまでの間、Windows XP または Windows Server 2003 をご利用のお客様は、アドバイザリで説明している「NDProxy.sys を無効にし、Null.sys に経路を切り替える」回避策の展開を検討してください。

 

関連リンク:

Skip to main content