セキュリティ アドバイザリ 2896666「Microsoft Graphics の脆弱性により、リモートでコードが実行される」を公開


2013 年 11 月 6 日、セキュリティ アドバイザリ 2896666「Microsoft Graphics の脆弱性により、リモートでコードが実行される」を公開しました。

Microsoft Windows、Microsoft Office、および Microsoft Lync に影響を与える Microsoft Graphics コンポーネントの脆弱性に関する非公開のレポートについて調査を行っています。マイクロソフトは Microsoft Office に存在するこの脆弱性を悪用しようとする標的型攻撃を確認しています。

 

攻撃者は、特別に細工された電子メール メッセージをユーザーにプレビューさせるか開かせる、特別に細工されたファイルを開かせる、または特別に細工された Web コンテンツを閲覧させることにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。

 

Fix It ツールを実行するか、手動でレジストリを編集し TIFF コーデックを無効にすることで、この脆弱性を使用した攻撃を回避することができます。また、Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) を展開することでも、回避が可能です。

影響を受ける製品および回避策の展開方法など、詳細についてはセキュリティ アドバイザリ 2896666 を参照してください。

 

関連リンク:

 

Skip to main content