組織に対する標的型攻撃を緩和する


本記事は、Microsoft Trustworthy Computing のブログ “Mitigating Targeted Attacks on Your Organization” (2012年 12 月 12 日公開) を翻訳した記事です。

Trustworthy Computing (信頼できるコンピューティング)、ディレクター、Tim Rains (ティム・レインズ)

筆者がこの数年間に話をしたことのある CISO (情報セキュリティ最高責任者) やセキュリティ関連業務担当役員のほぼ全員が、“APT” (Advanced Persistent Threats: 高度で執拗な脅威) 型の攻撃によってもたらされるリスクをより緩和するために、自社のセキュリティ態勢を向上させる方法を学ぶことに関心を示していました。マイクロソフトでは、APT という用語を使用しません。こうした攻撃では通常、古典的でよく知られた手法とテクノロジを使用しており、本当の意味で「高度」ではないからです。

たとえば攻撃者が通常よく行うことの 1 つに侵害したネットワークからユーザー名とパスワードを盗み出すというものがあります。これにより、攻撃者はより多くのリソースにアクセスし、可能な限り長く検出されずにネットワークにとどまることができてしまいます。攻撃者が一般的に使用するある種の攻撃は、“pass-the-hash” (ハッシュ化された資格情報を悪用した攻撃) と呼ばれています。攻撃者は脆弱化したネットワークからユーザー名とパスワードのハッシュバージョン (一方向の数学的変換を行った後の表現形式) を盗み出し、それらの資格情報を使用することでネットワークのリソースやデータにアクセスできるようになります。この分野では何年にもわたって多大な研究とツールの開発が行われてきており、その結果攻撃者は pass-the-hash や他の資格情報の窃取と再使用による攻撃を、より簡単に行えるようになりました。

マイクロソフトは今日、組織がこの種の攻撃を緩和するのに役立つ、実地テスト済みガイダンスを掲載した新しいホワイトペーパーをリリースしました。お客様の IT 部門が容易に実施できるように、このホワイトペーパーではこれらの緩和策を、有効性や実施に要する作業などに基づいて評価しています。

レポートのダウンロード (英語情報)

部門とベンダーがお客様のネットワークのセキュリティ態勢を向上させて標的型攻撃からお客様を守ることができるように、是非このホワイトペーパーと緩和策に関する新しいガイダンスを皆様の IT 部門やベンダーと共有してください。

 

Skip to main content