Internet Explorer を自動アップグレードするセキュリティ上のメリット


先日、日本マイクロソフトの公式ブログにて、日本における Internet Explorer (IE) の自動アップグレードについてご案内しました。3 月中旬より、Windows Update の自動配信により、Windows XP SP3 をご利用のお客様は、Internet Explorer 8 に、Windows Vista SP2 および Windows 7 RTM/SP1 をご利用のお客様は、Internet Explorer 9 に順次自動アップグレードされます。自動アップグレードに際してのお客様の操作は不要です。

以前 IE のセキュリティ機能の進化と題したブログでご紹介したように、新しいバージョンの IE は多くのセキュリティ機能を実装しています。例えば、IE9 におけるソーシャル エンジニアリング型マルウェアの検出率は 99% を誇り、他ブラウザーの群を抜いています。この検出率が低いブラウザーでは、Web サイトを閲覧しただけでマルウェアに感染したりフィッシングなどの被害に遭遇する可能性が高くなります。現実的には、どのサイトが安全かを常に見極めて Web を閲覧することはなかなか難しいので、ブラウザーがその役割を果たしてくれるのはとても心強いですね。

新しいバージョンの IE ではその他にも、クロスサイトスクリプティングに対するフィルターや、特定の Web サイトのコンテンツがユーザーの閲覧行動を追跡できないようにする追跡防止機能など、さまざまなセキュリティおよびプライバシー保護の強化を行っています。この機会に是非アップグレードを行い、より安全にインターネットをお楽しみください。

なお、企業のお客様で、独自のアップグレード計画をお持ちの場合、自動配布を無効にする無効化ツールキット (IE8 用 / IE9 用) をお使いいただくことで、ブラウザーのアップグレードを管理することができます。なお、WSUS、SCCM (System Center Configuration Manager)、Windows Intune をご利用の企業のお客様は、自動アップグレードの対象とはなりません。詳細については、下記ブログをご参考ください。

参考

Skip to main content