Web アプリケーションがサービス拒否となる脆弱性に関するアドバイザリ 2659883 を公開


本日マイクロソフトは、Webアプリケーションがサービス拒否となる脆弱性に関するセキュリティ アドバイザリ 2659883 を公開しました。この脆弱性は、いくつかの Web アプリケーションベンダーに影響を与えますが、マイクロソフト製品では ASP.NET を含む IIS サーバーが脆弱性の影響を受けることを確認しています。現在、マイクロソフトはこの問題を解決するセキュリティ更新プログラムを開発中です。現時点ではこの脆弱性が悪用されたとの報告は受けておりませんが、マイクロソフトはこの脆弱性に関する詳細情報が一般に公表されていることを確認しています。

 

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラムがご利用可能になり次第、脆弱性の影響を受ける製品に対して早急にセキュリティ更新プログラムを適用することをお勧めします。この問題の影響を受ける環境や回避策などの詳細は、セキュリティ アドバイザリ 2659883をご参照ください。

 

脆弱性の概要

今回公表された脆弱性は、一般的に”ハッシュ衝撃攻撃 (Hash Collision Attack)” と呼ばれ、マイクロソフトのテクノロジーだけでなく、その他ベンダーの Web アプリケーションにも影響を与えます。マイクロソフト製品においては、攻撃者によって送信された細工した HTTP リクエストパケットを ASP.NET の Web サイトで受信するだけで、Web サイトの CPU リソースが一定時間 100% 消費されサービス拒否の状態になります。

マイクロソフトは現在、この問題を解決するセキュリティ更新プログラムを開発中です。また、今後の脅威に備え、マイクロソフトは引き続き、積極的に Microsoft Active Protections Program (MAPP) のパートナーと協力し、お客様を保護するために対応を実施します。

 

本件について更新情報がありましたら、このブログおよびアドバイザリでもお知らせします。

 

関連情報

Skip to main content