サポート ライフサイクル終了に伴うセキュリティ更新プログラム配信終了の予告


2011 年 7 月 13 日(日本時間) を最終日とし、マイクロソフトのいくつかの製品において、サポート ライフサイクルが終了します。これに伴い、新規のセキュリティ更新プログラムの配信が終了します。

2011 年 7 月 13 日 (日本時間)、以下の製品のサポート ライフサイクルが終了します。

上記該当製品については 2011 年 7 月13 日(日本時間)をセキュリティ更新プログラム配信対象の最終日とし、2011 年 7 月14 日以降、新規のセキュリティ更新プログラムは提供されなくなります。継続して新規セキュリティ更新プログラムを受け取るためには、サポート対象のサービスパックがインストールされている必要があります。お客様におかれましては、下記のように早めの製品のサービス パックの適用、アップグレードをお願いいたします。

  • Windows Vista SP1 をご利用のお客様
    Windows Vista Service Pack 2(SP2)の適用、または Windows 7 へのアップグレードをお勧めします
     
  • Windows Server 2008 製品出荷版をご利用のお客様
    Windows Server 2008 Service Pack 2(SP2)の適用、または Windows Server 2008 R2 へのアップグレードをお勧めします
     
  • Microsoft Office XP をご利用のお客様
    最新の Office 製品(Office 2007, Office 2010)への移行をお勧めします
     
  • .NET Framework 3.0, 3.0 SP1, 3.0 SP2, 3.5 をご利用のお客様
    .NET Framework 3.5 SP1 の適用をお勧めします。なお、Windows 7 ご利用のユーザーは、既定で .NET Framework 3.5.1 (.NET Framework 3.5 SP1 相当) がインストールされていますので、対応いただく必要はありません。
     
  • Exchange Server 2007 Service Pack 2 をご利用のお客様
    Exchange Server 2007 Service Pack 3 の適用をお勧めします

なお、2011 年 7 月 13 日までに Windows Update や Microsoft Update で配信済みのセキュリティ更新プログラムについては、サポートライフサイクル終了後すぐに配信を停止するわけではなく、オンライン セルフ ヘルプ サポート期間中である最短 1 年間は提供されます。

 参考情報
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/default.aspx
http://www.microsoft.com/japan/office/previous/2003/business/lifecycle.mspx
http://support.microsoft.com/lifecycle/?p1=10926