2010 年下半期のセキュリティ脅威の動向


先週の金曜日 (2011/5/13) に、セキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 第 10 版を公開しました。

SIR は、エクスプロイト、脆弱性、マルウェアについて、全世界の 6 億台以上のシステム、インターネット サービス、マイクロソフトのセキュリティ センター (MMPC、MSEC、MSRC) のデータを基に、セキュリティの脅威の動向を分析したレポートです。

半期ごとに公開しているレポートですが、今回で第 10 版目となりました。この第 10 版では、2010 年下半期 (7 月から 12 月) に焦点を当て分析しています。

 どういった内容のレポートがされているのか、ほんの一部だけご紹介します。

 以下は、2010 年の月別のフィッシングインプレッションの構成比を示しています。フィッシング インプレッションは、Internet Explorer で既知のフィッシングサイトを訪問しようとしてブロックされたユーザーの単一のインスタンスです。

このグラフから、どういった種類のサイトがフィッシング攻撃の標的とされているかがわかります。

フィッシング サイトの種類別のインプレッション (2010 年、各月の構成比)

 フィッシング サイトの種類別のインプレッション (2010 年、各月の構成比)

以前は、金融機関のサイトがフィッシング攻撃の最大の標的となっていました。しかし、2010 年の後半には金融機関のサイトからソーシャル ネットワーク サイトに標的が変化しています。1 月には 8.3% にすぎなかった値が、12 月には 84.5% にまで上昇しました。数の多い金融機関の場合、フィッシング攻撃者は各社サイトをそれぞれフィッシング攻撃用にカスタマイズする必要がありますが、ソーシャルネットワーク サイトの場合、ごく一部の人気サイトに多数のユーザーが集中するため、1 サイトあたりで標的にできる人数が多くなり、効果的な攻撃が可能となります。このため、標的とされることが増加していると考えられています。

日本では、まだソーシャル ネットワーク サイトを標的としたフィッシング サイトを目にすることはありませんが、今後台頭してくると予想されています。先月の Internet Explorer 9 についてのブログでも紹介しましたが、Internet Explorer 8 やInternet Explorer 9 には Microsoft SmartScreen と呼ばれるフィッシング攻撃やソーシャル エンジニアリング マルウェア等に対する保護機能が組み込まれています。こういった保護機能を搭載したブラウザーを利用し、フィッシングから身を守るようにしてください。Microsoft SmartScreen の詳細については、「Microsoft SmartScreen を使用してフィッシングから身を守る方法」をご覧ください。 

このように世界での脅威の動向を含め、各国の動向も把握することができます。

感染率の他にも、以下の内容についての分析を掲載しています。

  • 脆弱性
  • 悪用コード
  • マルウェアと望ましくない可能性のあるソフトウェア
  • 電子メールの脅威
  • 悪意のある Web サイト

 「彼を知り、己を知れば百戦して危うからず」

脅威の動向を知り、システムの安全利用に SIR をご活用ください。

Skip to main content