Windows 7 SP1 とセキュリティ更新プログラム


 Windows 7をご利用の皆さん、もしくはWindows 7のご利用を検討されている皆さんの間ではすでにご存じの方も多いといますが、Windows7 Service Pack 1 (以下 Windows 7 SP1)が2011 2 23 日にリリースされました。

 

 この Windows 7 SP1 ですが、基本的にはこれまでにリリースされたセキュリティ更新プログラムや、Windows 7 の修正モジュールをまとめたものである、と認識されている傾向が強いようです。

 確かに、この Windows 7 SP1 の最大の目的はこれまでにリリースされたセキュリティ更新プログラムや不具合修正を確実に適用していただくためのものということになっているので、上記の解釈は全く外れているということはないと思います。

 しかし、Windows 7 SP1 Windows 7 リリースされた全更新プログラム というわけではありません。以下のようないくつかの違いがあります。

1.     ビルド番号が7600から7601に変わっています。

o     ビルド番号が変わっているということは、OS本体を再ビルドしているということになります。Windowsに限らず、アプリケーションやプラットフォーム本体が再ビルドされた場合にはその最新のものを使用することが、リスクを軽減したり互換性の問題を回避したりするためのベストプラクティスです。

2.     追加の不具合修正が含まれています。

o     これまでにリリースされたセキュリティ更新プログラムや修正モジュールに加えて、さらにいくつかの不具合修正が含まれています。これらを確実に入れるためには Windows 7 SP1 を適用する必要があります。

 

3.     いくつかの新機能が追加されています。

o    AVX Advanced Vector eXtensionsSIMD演算命令セット)への対応

o    Remote FX のサポート(ただしサーバーがWindows Server 2008 R2 SP1 である必要があります)

さらに、サポートライフサイクルの観点からも、最新のサービスパックを適用していただくことでサポート対象となる期間が長くなります。

 

 したがって、これまでリリースされたWindows 7 用のセキュリティ更新プログラムがすべて入っていることを確実にするためのみならず、上記のような様々な理由から、Windows 7 をお使いのお客様にはぜひWindows 7 SP1 をインストールしていただくことをお勧めします。

 

参考: Windows 7 Service Pack 1 (SP1) をインストールする方法

Skip to main content