IE の新規アドバイザリ 2488013 を公開


本日、Internet Explorer のセキュリティ アドバイザリ2488013を公開しました。Internet Explorer 67、および 8 を使用するユーザーが影響を受け、悪意のある Web サイトを訪問した場合にリモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性の情報は一般に公開されていますが、マイクロソフトではこの脆弱性を悪用した攻撃は現時点では確認していません。

対象の製品をお使いのお客様は、アドバイザリ2488013 に記載の緩和策および回避策をご確認のうえ、適宜対応を検討してください。なお、IE 7 および 8 では既定で 保護モード が有効なため、この脆弱性が悪用された場合でもシステムで取得される権限が限られるなど、この脆弱性の影響が制限されます。

マイクロソフトはこの調査が完了次第、月例もしくは定例外のセキュリティ更新プログラムの公開によりこの問題に対応する予定です。また、セキュリティ更新の公開までの間も、Microsoft Active Protections Program (MAPP) プログラムを通じ、約 70 の主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーにこの脆弱性の情報を共有しているため、お客様はウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新にしておくことで、この脆弱性を悪用した攻撃からコンピューターを守ることができます。

このアドバイザリに関してお伝えできる情報があり次第、また Blog 等でアップデートします。

Skip to main content