MSE を装う偽セキュリティソフトに注意!


こんにちは、本日 2 回目のブログ更新です。

最近オンラインメディア等でも取り上げられていますが、以前このブログでお伝えした Microsoft Security Essentials (通称 MSE) を装う偽セキュリティソフトの新種 (今回は”ThinkPoint”と呼ばれるものが主流) が確認されているようですので、ご注意ください。

Web 上で突然下のような警告画面が出た際、その精巧な見た目と対応を急ぐ心理から、本物の MSE と間違えてインストールしてしまうユーザーがいるようですが、正規の MSE マイクロソフトの MSE のサイト上のみで利用可能です。このような人間の心理を突いたソーシャルエンジニアリング攻撃については、最新版のセキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 9 でも取り上げていますが、引き続き注視すべき攻撃手法と言えますね。

新種の偽セキュリティソフトの例 (Win32/FakePAV)

 

 


これらのマルウェアは、マイクロソフトの
Forefront MSE では Win32/FakePAV などの名前で検出され、最新の定義ファイルで駆除が可能です。また、主要なウイルス対策ベンダーの正規ソフトを導入して、定義ファイルを最新にしていれば、ほとんどの場合、検出・駆除が可能なはずです。まだ、お使いのマシンにウイルス対策ソフトを導入されていない方は、この機会に無償の MSE のインストールをぜひご検討ください。既にマルウェアの感染が疑われる場合はセキュリティ 情報センターまで問い合わせてみてください。


ちなみに MSE の話題つながりで書きますが、昨年 9 月に無料のセキュリティ対策ソフト
Microsoft Security Essentials (MSE) が一般にリリースされてから、早一年が経ちました。現在世界 74 か国、全 25 言語で利用可能な MSE のインストール台数は、1 年で 3,000 万台以上にインストールされました。そのインストール台数を国別で見ると、米国が最も多く、次いでブラジル、英国、ドイツ、そしてなんと日本が第 5 位となり、日本だけで 1 年に150 万台以上のマシンに導入されているのです。


【米国以外の国別
MSE インストール台数】

(出典: "One Year of Microsoft Security Essentials from MMPC Blog)


また、
MSE はこれまではご家庭またはホーム オフィスのみで利用可能でしたが、 10 月初旬より PC 10 台までのスモール ビジネス環境にも導入が可能になりました。10 台以上の PC のスモール ビジネス環境については、引き続き企業向けの総合的なセキュリティソリューションである Microsoft Forefront 製品 の導入を推奨しています。

 

Skip to main content