Security Wars: エピソード 2 – ボット大戦 – 匿名軍団の攻撃 –


小野寺です。


Security Wars エピソード 2が始まりました。


Security Wars: 1. 大衆インターネット社会の到来

http://technet.microsoft.com/ja-jp/ff404121.aspx



悪意あるハッカーによる攻撃に対して、インターネットのセキュリティが、技術やマネジメントの力を用いて防御するということによって保たれていた時には、バランスがいまだ保たれていたということがいえよう。 しかしながら、そのような古典的な力のバランスは、21世紀に至り、完全に崩壊するにいたった。スター・ウォーズにおける力のバランスの崩壊の象徴となるのが、クローン・トルーパーである。・・・・[続きを読む]


Security Wars: 1-1. インターネット原理の崩壊

http://technet.microsoft.com/ja-jp/ff458625.aspx



絶頂にあった共和国も例外ではなかった。そびえ立つ巨木のごとく外的にはびくともしなかった共和国だが、実は内側から腐りはじめていた。外部から窺いしれぬかたちで存亡の危機を迎えていたのである "。[1]


古典的なインターネット社会は、特別の意味をもった「ネット市民 (ネチズン)」から構成されるのを理想像としていたように思われる。彼らは、ネットワークについてのリテラシーが高く、また、自分で自分を護ることができるし、共同体でまもるべきエチケット (ネチケット) についても精通している・・・・[続きを読む]


[1]ジョージ・ルーカス著、石田享訳「スター・ウォーズ あらたなる希望」(竹書房、1997)


 


Security Wars: 1-2. 永遠のビギナー

http://technet.microsoft.com/ja-jp/ff512474.aspx



ジェダイは、戦いに赴くだけで失われた。彼らは酷使され、銀河全体に広く薄く配置されていた。(略) 戦いはフォースに闇をそそぎこむ。フォースが追う雲が次第に厚く、濃くなるにつれ、ジェダイの洞察力は効かなくなる[1]


大衆インターネット社会へのインターネットの転換は、インターネットにおけるセキュリティの問題についても、あらたな局面を追加するにいたった。・・・・[続きを読む]


[1]ジョージ・ルーカス著、石田享訳「スター・ウォーズ あらたなる希望」(竹書房、1997) 

Skip to main content