[続報3] MS10-015のマルウェア感染PC以外への配信再開


小野寺です。


本日より、32ビット版システムへのMS10-015の更新プログラムの配信を順次再開しています。64ビット版システムは、カーネル保護機能により影響がなかったため、すでに配信を再開済みなのは前回お伝えしたとおりです。
再開に当たり、Alureonへの感染を含めて、カーネルに何らかの不正な変更が行われ、MS10-015の適用互換性が損なわれているかを確認したうえで、配信するようにしています。これにより、MS10-015の配信により、マルウェアに浸食されてしまっているPCが再度、ブルースクリーンとならない様にしています。


ちなみに、カーネルに何らかの非互換性が検出された場合には、Microosft Update で、以下の様なエラーが示されます。



  • WindowsUpdate_8007F0F4 (または 0x8007F0F4)

  • WindowsUpdate_FFFFFFFF (または 0xFFFFFFFF)

加えて、以下のメッセージが表示されます。


Your computer might not be compatible with Microsoft Security Update MS10-015. Proceeding with installation of the update could prevent your system from starting successfully. For additional information please visit http://www.microsoft.com/security/updates/015.

コンピューターはマイクロソフト セキュリティ更新プログラム MS10-015 と互換性がない可能性があります。更新プログラムのインストールを続行すると、コンピューターが正常に起動しなくなる可能性があります。追加情報は http://www.microsoft.com/japan/security/updates/015 をご覧ください。

このほか、事前に確認した場合は、FixIt の利用をお勧めします。以下のサポート技術情報から、FixItのアイコンをクリックすることで、確認ツールが起動します。
http://support.microsoft.com/kb/980966


また、組織内で、複数のPCの確認を行いたい、感染の疑いのあるPCを洗い出したい場合は、上記サポート技術情報から入手できるコマンドラインツールのMpSysChk.exeを使用してください。このファイルは自己解凍のファイルで、検査ツールと、検査のためのバッチファイルのサンプルが付属しています。

Skip to main content