SQL Server 2005の更新プログラムで 737d エラーが出てしまう時の対処方法


小野寺です。


SQL Server 2005の更新プログラムを適用する際に、Microsoft Updateで 737d エラーが出てしまう事があるようです。
この 737d エラーは、以前に行ったSQL Server 2005に何らかの構成変更(更新やサービスパックの適用も含む)のセットアップが正しく完了していない場合に起こります。


このエラーの一般的な対処方法は以下の様な流れになります。



  1. Remote Registry サービスを[開始]状態にします。
       コマンドラインから、行う場合は、「SC start RemoteRegistry」で行えます。Windows Vista以降は、管理者権限で開いたコマンドプロンプトから行う必要があります。
       「Services.msc」 を使って、[Remote Registry]を選択して、右クリックメニューから、[開始]を選択することでも可能です。 既に開始状態の場合は[開始]はグレー表示になります。

  2. [コントロール パネル] -「プログラムの追加と削除」(XP) または、[コントロール パネル]-[プログラム]-[プログラムと機能] (Vista以降)を開きます。

  3. Microsoft SQL Server 2005」を探して選択します。 その後 [変更] または [アンインストールと変更] を選択します。

  4. セットアップ画面が表示されるので画面の指示に従って、未完了状態のセットアップを完了させます。 間違って、アンインストールしてしまわない様に注意が必要です。再起動が必要な場合は、再起動を行います。

  5. その後、再度、Microsoft Update から更新プログラムのインストールを行います。

追記 (2009/11/21): 上記で解決しない場合は、http://blogs.technet.com/jpsecurity/archive/2009/11/21/3295421.aspx をどうぞ

Skip to main content