自動実行(自動再生/AutoPlay/Autorun)の動作変更


小野寺です。


 先日、セキュリティ アドバイザリ 967940を更新して、自動実行の動作を変更する更新プログラムの提供を開始したことをお知らせしました。


Windows 7からは、CD-ROMやDVDなどのメディア以外のUSBメディア (Mass storage device等) では、自動実行機能が働かないように動作仕様を変更しています。


この変更をWindows Vita, Windows XP, Windows Server 2003にも反映させるための更新プログラムをサポート技術情報 971029から提供しています。


この変更により、USBメモリ等による自動実行は行われなくなりますが、USBメモリでの自動実行を期待するソフトウェア入りのUSBメモリでは、手動でソフトウェアを実行する必要が出てくるかもしれません。また、USBを利用したWireness LANの自動設定機能なんかも影響をうけます。


この更新を利用する際には、互換性に十分、注意して適用する必要があります。


また、この更新は、あくまでも自動実行機能の動作を変更するためのもので、USBからのウイルス感染を防ぐものではありません。USBメモリを接続して、USBメモリ内の実行ファイル(ウイルス)をクリックして実行してしまえば、ウイルスに感染します。ウイルス対策ソフトも引き続き最新の状態で使うことを忘れずに

Skip to main content