MS09-029のスプーラーの件と MS09-034 & MS09-035の更新


小野寺です。


先日、定例外でリリースしたMS09-034とMS09-035、それとMS09-029を更新しました。また、MS09-035について幾つかコメントももらっているのでその辺も含めて少し書いておこうと思います。


MS09-034:
韓国語版のInternet Explorer 6 Service Pack 1 (Windows 2000用) で、印刷に関する問題が発見されたため、セキュリティ更新プログラムを再リリースしました。
この現象および、再リリースは、韓国語版に対してのみのものですので、日本語版や英語版を使っていお客様には影響はありません。


MS09-035:
製品バージョン毎に幾つかのセキュリティ更新プログラムを提供していますが、その中に、再頒布可能パッケージ用のセキュリティ更新プログラム(KB973544, KB973551, KB973552)があります。 また、Microsoft Updateでは、これらの再頒布可能パッケージ用のサブセット版として、ATLに関する脆弱性に対応する、「ATL に関するセキュリティ更新プログラム (KB973923, KB973924)」を配信しています。
このどちらを適用しても、脆弱性に対処できるのですが、Microsoft Update側では、、「ATL に関するセキュリティ更新プログラム」が、適用されているかどうかを検出して、配信の有無を判断していました。結果、「再頒布可能パッケージ用のセキュリティ更新プログラム」を適用している場合に、MBSAで、更新が適用されていないと判断されたり、Microsoft Updateで、再度、「ATL に関するセキュリティ更新プログラム 」が配信される事がありました。今回のMicrosoft Update側の検出ロジックを修正しその問題に対処しています。
配信しているパッケージ自体に変更はありませんので、すでに更新を適用している場合は、特に対応の必要はありません。


MS09-029:
すでに、ご存知の方もいると思いますが、Windows 2000, XP または Windows Server 2003 のセキュリティ更新プログラムを適用することで、印刷スプーラーが異常終了する事例の報告を受けています。MS09-029に既知の問題が発見された事をお知らせするために、セキュリティ情報を更新しています。 印刷スプーラーの件については、対応の準備が整い次第、プロダクト セキュリティ警告サービス等を通じてお知らせする予定です。


 


 

Skip to main content