無償マルウェア対策ソフト: Microsoft Security Essentials (Morro)


小野寺です。


昨年の11月頃に、無償のマルウェア対策製品(開発コードネーム'Morro')を提供するとアナウンスしておりました。
既に報道等々で、ご存知の方も多いかと思いますが、「Microsoft Security Essentials」という名称で、正式提供に向けて作業を進めており、来週から英語版、簡体中国語版とポルトガル語版で、βテストも開始されます。βの完了後、完成版のリリースの際には、日本語も含めて幾つかの言語版を提供する予定です。


Microsoft Security Essentials が動作するのは、Windows XP Service Pack 2以降、Windows Vista, Windows 7 の各64bit/32bit版を予定しています。提供方法は、Webからのダウンロード配布となると思います。


Microsoft Security Essentials が提供される事で、いままで、ウイルス対策ソフトを購入する事が難しい経済事情の国、セキュリティにどうしても意識の向かなかった方々も含めて、マルウェア対策ソフトの導入率を向上させたいというのが私の願いです。
マルウェアは、ネットワークにつながる誰かが感染していれば、犯罪者は利益を得られる為、行為を継続しますし、感染端末は、他の端末への脅威となります。 対策ソフトの普及で、この感染端末が今よりも、少しでも減っていけば、今よりも安全なインターネットになるはずです。


マルウェア対策ソフトの普及率が低くないと言われる日本ですら、毎月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」(MSRT)で、種類によっては、数万単位のマルウェアが駆除される事があります。 日本ですら、そのような状況で他の国はもっと悲観的な状況である事はご想像に難くないと思います。


このMicrosoft Security Essentialsで、すべてのマルウェアの問題を解決できるわけではない事は分かっています。 しかし、この対策ソフトの提供で、少し状況を変えて、犯罪者が動きにくいインターネットを実現したいですね。 司法と協力したマルウェア開発者の逮捕への協力活動や、製品自体の安全性や安全のための機能強化は、今まで以上に力を入れていきます。



ちなみに、企業、サーバー向けとしてForefrontの提供も継続していきます。統合的な管理、サポート、マルウェア対策以上にセキュリティの脅威全体に対処するための機能が必要なケースでは、Forefrontをお勧めします。 Microsoft Security Essentials は、マルウェア対策のすそ野を広げる事が目的のソフトウェアですので、法人での利用や、既存の信頼のおけるマルウェア対策ソフトウェアからの置き換えには不向きかもしれません。

Comments (3)
  1. Anonymous より:

    マイクロソフトが無料の新型アンチウイルスソフト「Microsoft Security Essentials」のベータ版を公開することが明らかになりました。また、現在提供されているアンチウイルスソフト「Windows Live OneCare」はサービスを終了するとのこと。詳細は以下から。

Comments are closed.

Skip to main content