MMPC Portal v2 ベータ版公開のお知らせ!


小野寺です。


MMPC (Microsoft Malware Protection Center) が 新しいポータル (Portal V2)のベータ版を公開しました、色々と便利な機能が追加されています。
それに伴い、彼らのBlogも公開されていますので、翻訳版を紹介します。 


-------
(MMPC Threat Research & Response Blog)


MMPC チームは MMPC Portal V2 ベータ版を公開したことをお知らせします!
 
MMPC Portal V2 ベータ版 (英語):
www.microsoft.com/security/portal/beta
 
フィードバックはこちらまでおよせください:
フィードバックは MS Connect まで、または直接 MMPC Portal V2 Beta までおよせください。
 
それでは、重要な詳細をここでお知らせします。さらに興味深い部分「MMPC Portal V2 ベータ版とは?」についてお話しましょう。MMPC Portal V2 ベータ版は MMPC Portal の次期バージョン (V2) のプレビューで、最終的な V2 の機能のサブセットを含んでいます。これらの機能には、効率化された検体提供 (stream-lined sample submission) が含まれ、MMPC プロファイルを作成することでこれを実現しています。ログインすると、MMPC プロファイルに保存された情報が検体提供フォームを自動で入力し、検体提供プロセスを迅速に処理します。検体提供への別の向上点、またおそらく最もエキサイティングな新しい機能は提供の状況をオンラインで追跡できる機能でしょう。今やユーザーはポータルにログインしている間に行われたすべての検体提供の状態を追跡できます。検体提供の追跡情報には、サンプルで行われた分析の最新の状態や分析中に確認された検体ユーザーを確認された検体から保護する定義が含まれています。このベータ版にはナビゲーションをスマートに行う新しい UI も含まれ、コンテンツへのアクセスが向上します。MMPC は「ヘルプ (help)」セクションおよび「ログの変更 (change log)」を含む新しいコンテンツを開発し、これによりユーザーはある定義から別の定義へと新しい検体および更新された検体を確認することができます。チームでは、また、内容の向上したコンテンツも用意しました。このコンテンツは、すべてのマイクロソフトのセキュリティ製品について定義を更新するための説明、広範な用語集、マルウェアの別名、アラートのレベル、説明が最初に追加された際、最新の更新日をリストする脅威の説明の概要、お客様を脅威から保護する定義が含まれています。


これはほんのさわりの部分です! こちらでチェックしてください
追加情報:
このベータ版は私たちの現在のポータルと並行して公開しています。MS Connect で リリース ノート、調査、バグの登録、およびよく寄せられる質問をご覧いただけます。
 
Monilee

Skip to main content