セキュリティ インテリジェンス レポート 第5版


小野寺です。


2008年上半期の脆弱性やマルウェアの動向をまとめた、セキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 第5版を公開しました。 本レポートは、半期に一度公開しており、さまざまなデータを基に現在のセキュリティ動向を分析しています。 最新のレポートは、以下のサイトから入手できます。 要約版である、主要な調査結果の概要は、日本語でご覧いただけます。 この種の研究者だけではなく、システム運用や開発にかかわる方にはぜひ、読んでいただきたい内容になっています。


マイクロソフト セキュリティ インテリジェンス レポート
http://www.microsoft.com/japan/security/sir.mspx


幾つか、特徴がありますが、まずあげると、今回も、日本が突出して安全であることがあげられます。 とはいえ油断はできず、世界的に悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)を1000回実行した当たりのマルウェア削除件数 (CCM)が増加の傾向にあります。 これは、最近のダウンロード型マルウェアの増加や、サードパーティソフトウェアへの攻撃増加が一因にあるようです。


SIRv5 Heatmap


 また、以前から脆弱性や攻撃の対象が、OSから、アプリケーションに移っているといわれて久しいですが、Windows XPとWindows Vistaでも違いがでています。Windows XPでは、Microsoft由来の脆弱性が42%ですが、Windows Vistaでは、Microsoft由来の脆弱性は6%となっており、アプリケーション側の脆弱性への対応の必要性がより顕著になっています。



これらの情報は、世界中のデータをまとめたものですが、日本のデータに絞ったものも、近いうちに公開したいと思います。

Comments (2)
  1. Anonymous より:

    小野寺です。 2008年下半期の脆弱性やマルウェアの動向をまとめた、セキュリティ インテリジェンス レポート (SIR) 第6版を公開しました。 本レポートは、半期に一度公開しており、さまざまなデータを基に現在のセキュリティ動向を分析しています。

Comments are closed.

Skip to main content