アドバイザリ 953818 更新 – Safariのsecurity update提供開始


小野寺です。


すでに、ニュース等で報じられていますが、Safaiのsecurity updateが公開され、アドバイザリで言及していた、複合的な脅威のSafari側が対処されたことになります。 それに伴い、セキュリティ アドバイザリ 953818 を更新しました。


Safaribのsecurity updateに関する詳細は、About the security content of Safari 3.1.2 for Windows を見てください。これを書いている時点では、残念ながら日本語情報は見つけることができませんでした。
日本語版アドバイザリを更新するに当たり、日本語環境で更新があるのか一応確認してみましたが、Apple Software Updateを通じて、日本語環境でもsecurity updateが配布されているようです。 しかしながら、この更新プログラムをそのままインストールすると、Quick Timeなどのいくつかの新しいソフトウェアもインストールされるみたいですね。特に必要としてい場合は、チェックを外してから 「n項目をインストール」ボタンをクリックすると、使用許諾書が表示され同意すると、インストールされるようです。


Safariがインストールされている環境では、security updateをインストールしておいた方が良さそうです。

Skip to main content