2008年5月のセキュリティリリース


小野寺です


今月は、事前通知でお伝えしていたとおり 計 4 件 (緊急3件, 警告1件)を公開しました。
加えて、Jetに関するセキュリティ更新の提供に伴って、セキュリティアドバイザリ 950627 を更新しています。 また、MS06-069 も更新していますが、こちらは今月の公開との関連性はありません。


少し詳しく見ていきます。


まずは、MS08-028 (Jetのセキュリティ情報) ですが、セキュリティアドバイザリ 950627 で言及していた問題について対策を行っています。 アドバイザリに関していれば、Wordを通じてJetを悪用する方法だったわけですが、Jetの脆弱性は、MS08-028のみで対策可能です。MS08-026の適用により、WordからSQL コマンドまたはクエリを実行する前にユーザーに確認メッセージを表示します。将来的な攻撃経路 (Attacking vector)を減らすためにJet同様に適用をお勧めしたいですね。
ちなみに、Jetですが・・・よく Office 製品 (Access) が入っていない環境は関係ないと誤解されているみたいですが、セキュリティ情報に書いてあるとおり、Jet自体はWindowsのコンポーネントです。Access(*.mdb)は、Jetを使うアプリケーションの一つに過ぎず、Jet形式は、結構色々な処で使われていたりします。


次に、MS08-029 (セキュリティ ソフトウェアのセキュリティ情報) は、Forefront Client Protection, OneCare, Windows Defender 等で利用している。Microsoft Malware Protection Engine で発生しうるサービス拒否の問題に対処しているのです。
とはいえ、常に最新の状態で使っているユーザーは、基本的に新たにアクションをとる必要がありません。 対策されたエンジン自体は、いわゆる定義ファイルとして配信しているためです。 セキュリティ製品といえば、2007年7月~12月期について分析した セキュリティインテリジェンスレポート (SIR) の最新版(4版) を先日から公開しています。日本語の要約版も公開していますので、これを機に今のマルウェアや脆弱性の動向を見てみるのも良いかも。 このレポートは、世界中のデータをもとに編纂していますが、近いうちに日本に特化したものも、Blogで触れてみたいとは思っております。


今月もセキュリティ情報のストリーミング配信を予定しています。公開次第、Blogでもお知らせします。
http://www.microsoft.com/japan/technet/community/events/webcasts/security.mspx

Comments (2)
  1. Gan より:

    今回のWindows Updateのポイントは既にセロデイアタックに使用されたセキュリティホール(セキュリティ アドバイザリ:950627)への対応が含まれていることでしょうか。でも表面的には「緊急」3件は全てOfficeがらみですね。

  2. Anonymous より:

    今月は緊急3件、重要1件です。 あと、Windows XP SP3 などもリリー…

Comments are closed.

Skip to main content