2008年5月のセキュリティリリース予定



小野寺です。
今月は、計 4 件 (緊急3件, 警告1件) の公開を予定しています。
リリース日は、週明け水曜日 (05/14) です。今年は、GW後に1週間の余裕があったので、正直なところ助かりました。昨年は、GW明けすぐのリリースだったため、色々と大変でした・・・ さて、話がそれましたが、セキュリティ更新のほかに、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」とセキュリティ以外の更新プログラムを Microsoft Update 経由で配信します。詳細は、http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-may.mspx をご覧ください。


ちなみに、セキュリティ情報の識別番号を (セキュリティ情報 1等)を、より内容のわかる名前に変更しましました。今月からは、セキュリティ情報の識別名と名前を変え、”Wordのセキュリティ情報”といった形で製品・テクノロジ名を含む形にしてみました。
さて、今月対応予定の製品として、「Diagnostics and Recovery Toolset (DaRT) 6.0 の Standalone System Sweeper」なるものがありますが、多くの方はあまり見慣れていないのではないかと思います。 これは、MDOP (Microsoft Deplyment Optipazation Pack)というSA契約者向けに提供しているツールキットに含まれるものひとつです。この Standalone System Sweeper は、ウイルスやスパイウェアなどのマルウェアに感染したPCをオフラインで駆除するものとなります。事前に別のPCで最新の定義ファイルを含めて、CDを作成する事で、感染PCでCD起動して駆除できるという意外と便利な一品だったりします。


そのほか、JETの更新も予定しています。どんな更新かは、たぶん皆様のご想像のとおりです。









































影響を受ける製品


最大深刻度


影響


検出方法


再起動


Word のセキュリティ情報


Microsoft Office


緊急


リモートでコードが実行される


MBSA


不要


Publisher のセキュリティ情報


Microsoft Office


緊急


リモートでコードが実行される


MBSA


不要


Jet のセキュリティ情報


Microsoft Windows


緊急


リモートでコードが実行される


MBSA


必要な場合あり


セキュリティ ソフトウェア
のセキュリティ情報


Windows Live OneCare,
Microsoft Antigen,
Microsoft Windows Defender,
Microsoft Forefront Security


警告


サービス拒否


MBSA


不要

Skip to main content