Windows Vistaの1年間の脆弱性に関するレポート


小野寺です。


2006年の11月末に Windows Vista を出荷してから一年以上が経過しました。出荷から一年間のWindows Vista, XPの脆弱性についてのレポートを公開しました。Windowsだけではなく、Red Hat Linux, Ubuntu および Mac OSについても合わせて分析しています。


この分析の結果、Windows Vistaが Security Development Lifecycle (SDL) の効果により、脆弱性数が確認することができます。もちろん、脆弱性の数 = 製品の安全性ではなく、最終的な安全性は色々な要素で決まります。とはいえ、脆弱性は少ないに越したことないわけで、指標の一つとして面白いレポートになっていると思います。


レポートは以下からダウンロード可能です。
http://download.microsoft.com/download/c/d/c/cdcc38a5-50fa-4425-be75-9d165065d0c8/vista-one-year-vuln-report-ja.xps (XPS)
http://download.microsoft.com/download/c/d/c/cdcc38a5-50fa-4425-be75-9d165065d0c8/vista-one-year-vuln-report-ja.pdf (PDF)


英語版のレポートは、2008/1/23 からレポートの著者である、Jeff Jones Security Blogで公開しています。
http://blogs.technet.com/security/archive/2008/01/23/download-windows-vista-one-year-vulnerability-report.aspx


 

Comments (1)
  1. Anonymous より:

    Jeff Jones さんの "Windows Vistaの1年間の脆弱性に関するレポート"

Comments are closed.

Skip to main content