ついに、 Windows Server 2008完成!



小野寺です。


Windows Server 2008 日本語版が、ついて完成し製造工程向けの出荷を開始しました。MSDNTechNetサブスクリプション会員の方は、すでにダウンロード可能です。


Windows Server 2008 は、Windows Vista 同様に Security Development Lifecycle (SDL) に基づいて開発された製品であり、セキュリティに特化した設計時の脅威分析とそれに基づいた防護策が色々と施されています。発見された1つの脅威に対して、複数の防護策をとる多層防御の考え方が、製品その物に息づいてていると思っています。
Windows Vista の場合で、出荷後 1 年間の脆弱性数を Windows XP と比較するだけでも 1/3 に減少しています。Windows Server 2008 でも、同様以上の結果ができるものと期待したいですね。(この辺の詳しいレポートは、近日このブログで公開しようと思います)


また、今まで個々の PC やサーバーのセキュリティをそれぞれに維持することで、ネットワーク全体のセキュリティレベルを維持してきました。Windows Server 2008 の出荷により、ネットワーク アクセス保護機能 (いわゆる NAP)が使えるようになりますので、ネットワークが自律的にセキュリティを維持することができるようになります。セキュリティは、理想的には、セキュリティ対策のための対策ではなく、適切な全体運用統制の結果としてセキュリティも維持管理されるわけですが、その理想に少し容易に近づけるようになったのかもしれません。


これからが、楽しみです。
製品情報サイト
URL: http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/


開発者向け情報提供サイト:
MSDN Windows デベロッパー センター Windows Server 2008
URL:http://www.microsoft.com/japan/msdn/windows/windowsserverlonghorn/


ITエンジニア向け情報サイト: TechNet Windows Server テックセンター
URL: http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/default.mspx

Skip to main content