Asset Guardian IoTソリューション

[提供: 日本ユニシス株式会社] 《人流解析サービス》カメラに併設する小型コンピュータ上で、撮影された映像の人物や顔を認識し、その人物の動線や顔から推定した性別、年齢の情報をAzure上で可視化、分析が可能に。 《デバイス管理サービス》Azureに接続されるデバイス(GW、センサー)の運用監視サービス。特に遠隔地のデバイス機器、大量のデバイス機器を効率的に監視、設定が可能。また、ソフトウェアのアップデートなどの実施が可能。 《エッジ処理サービス》センサーから収集したデータをエッジ側で、データ変換、データ圧縮等の処理を行いAzure側へ必要なデータ、処理結果のみを送り、Azure環境を最適に行うことが可能な基盤サービス。


顧客おもてなしサービス

[提供: 株式会社ヘッドウォータース] AI×BIによる個客最適ソリューション AI 技術とロボット型デバイスを活用して顧客を個別認識し、クラウドを活用してオーダーデータ等各種データと組み合わせ蓄積活用することで、個別に最適な顧客サービスの提供や従業員の生産性向上を支援します。顧客の嗜好性に合わせた最適な商品やサービスを提供し、経営予測や在庫管理など日々の店舗経営に貢献します。 ライトプラン:顔認識による顧客個別認識、PowerBIによる顧客分析 レギュラープラン:顔認識、会話認識、センサー認識、IoTデバイス連携、PowerBIによる顧客分析、外国語対応 運用サポート:ロボット故障監視、ロボットの摩耗や経年劣化による故障予測、インシデント対応  


おもてなしサポートシステム

[提供: 株式会社ブレインパッド] セキュリティカメラ画像による来店客CRMシステム セキュリティカメラで取得した来店客の顔画像切出し機能とFaceAPIにより、初回⇔リピート、頻度の高い売場情報、過去購入の有無などの情報を取得。取得したデータからお客様の行動スコア情報を生成し、接客支援情報と共に店頭スタッフや店頭情報端末やセルフ決済端末での顧客接客の高度化を支援。また、取得・蓄積した情報から「来店のみで購入しない顧客は?」など売場の”今”を分析することもできます。オプションで、Pepperやカメラ付きロボを用いた接客高度化・効率化も可能。  


勤務の見える化を実現『テレワークサポーター』

[提供: キヤノンITソリューションズ株式会社] テレワーカーの勤務を見える化し、顔認証で”覗き込み”や”なりすまし”を防ぎます。 働き方改革の実現に向けて、テレワーク制度を導入する企業が増えています。「テレワークサポーター」は在宅勤務やサテライトオフィスなどの遠隔地でのテレワーカーの勤務実態を見える化します。また、顔認証により”覗き込み”や”なりすまし”を検知し、重要な情報を守ります。 テレワーカーと企業双方の負荷を軽減し、安心・安全な業務の実現を支援するクラウドサービスです。


Cloud Video Conference “CVC”

[提供: 株式会社FIXER] パブリッククラウド上でセキュアに企業のチャネル戦略を支えるブラウザベースのビデオ会議システムです。AI/Cognitiveを取り入れた拡張機能でビジネス変革の新たな可能性を体験いただけます。