対話型AIのオムニチャネルなチャットボット:RPAによる自動対応を行う仮想アシスタントロボット

[提供: インツミット株式会社] 自社Intumitで開発した対話型AIサービスのプラットフォーム「SmartRobot」は、自然言語処理能力や知識検索機能を搭載した高パフォーマンスなチャットボットです。 テキストや音声のインターフェースの音声アシスタントディープラーニングにより、会話の回答精度が向上します。  


Help Bot デスク

[提供: 株式会社ビービーシステム] 人に代わって問い合わせを担当する チャットボットでの業務効率化 システムの利用方法や会社ルール、設備の利用方法などマニュアルやFAQなど、ヘルプデスクや総務部に問い合わせることなく、ビックデータを活用し情報はすべてBotに問い合わせることで即時に解決できます。 分析データはSQL Azureに記録し、必要なレポートを出力することで業務改善に貢献します。 Webチャット、Microsoft Teams、Skype for Business などお客様既存のシステムとの連携が可能で、利用環境の変更は不要なため容易に導入、体験頂く事が可能です。  


Chamo on Azure – AIチャットボットシステム

[提供: 株式会社チャモ] Azure各種ツールと連携可能なAIチャットボットシステム 業界・業種および目的(販売促進、コスト削減)に合わせた最適なソリューションを提供します。 顧客毎の営業トークをチャッに実装−販売促進 システム連携により問い合わせを自動化−コスト削減 製造業プラットフォーム向けカスタマイズチャット


MINARAI

[提供: 株式会社Nextremer] 対話型インターフェースで顧客とのコミュニケーションをサポート 高度な自然言語処理機能を有するマルチモーダル対話システムです。AIによるユーザーの発話理解と自動応答を可能にします。ロボットやタブレット、デジタルサイネージなど様々なインターフェースに搭載可能でチャットボットシステムを用いたカスタマーサポートや、施設案内用の対話システムなど、用途に応じて形態や機能をアレンジできます。


AIによるQA自動化システム – Quick QA®

[提供: 株式会社エーアイスクエア] 自然言語処理のAIで、日々の問合せ応対業務を大幅に効率化します~FAQチャットボット 製品やサービスに対する問い合わせ対応業務を、自然言語処理のAI を用いて大幅に効率化します。問合せに対する最善の回答を自動的に抽出するのはもちろんのこと、キーワードも抽出しますので、高頻度の問合せについてタイムリーに分析することも可能です。従来は導入時に辞書の登録で多大な時間が必要でしたが、今回は事前の辞書登録なしにQ&A のデータから言語モデルを生成し、手間とコストの削減を実現します。UI はWeb やTeams、Skype をはじめニーズに合った対応が可能です。


ヘルプデスク AI チャットボット構築サービス

[提供: パーソルプロセス&テクノロジー株式会社] 既存の QA データを活用してヘルプデスク AI ボットを短期間で構築 社内ヘルプデスクツールとして最適なソリューションでインターフェースもSkype for Business、Teams、LINE、Slack など様々なツールに対応しています。 掲示板やFAQ などのデータがあれば簡単に構築可能で、コストも最小限から始められます。 Web サイトからの情報も読み込み可能でデータの成型なども最小限に抑えられます。 Microsoft の自然言語解析(LUIS) の組み込みでAI チャットボットとして機能します。


自然言語対応チャットボット『Scuro Bot』

[提供: 株式会社シナモン] Scuro Bot は自然言語に対応したチャットボットです Scuro Bot は自然言語に対応をしたチャットボットです。ユーザーから問い合わせられる曖昧な言葉の揺れに対応し、スムースな会話ややりとりを実現させます。 自然言語処理や意味分類を活用することで複雑なシナリオ類推にも柔軟に対応いたします。また、ディープラーニング型アーキテクチャの採用により、学習データセットの更新により幅広い表現に迅速に対応することができ、マルチ言語への展開も容易に実現いたします。


スマートスピーカー活用 チャットソリューション SPIKA

[提供: イサナドットネット株式会社] スマホ、PC 要らずの手ぶらチャットを業務で活用 チャットの業務活用が広まっていますが、利用にはパソコン、スマホなどを操作する必要がありました。 これだと両手がふさがっていると操作できません。 そんな時にGoogle Home、Amazon Echo などスマートスピーカーを活用することで手ぶらでチャットが可能になります。 次の作業指示をGoogle Home に出してもらう、質問に回答してもらうなど、業務活用に活かすことができます。もちろん、PC、スマホも使えますので、利用状況に応じた活用が可能です。


知見統合チャットボット

[提供: ジェイエムテクノロジー株式会社] 日常業務で発生する様々なイベントとアクションを記録して活用 ビジネスが複雑化し、社内外で対応が必要なマニュアル化できていないイベントが発生しています。イベントに対しアクションを指示し、その結果と評価を記録することで、有効な手段の分析、類似例の提案に活かします。また、作業報告書や企画書、マニュアルとも統合し、チャットボットを通して過去の事例や関係者など知識に繋がる情報を提供します。イベントの発生は、地図の他にも独自の文章やフロアマップにも視覚的に表示が可能です。