920MHz帯マルチポップ無線『SmartHop』


[提供: 沖電気工業株式会社]

920MHz帯マルチポップ無線「SmartHop」のご紹介です。

 

■920MHz帯マルチポップ無線「SmartHop」とは

 

OKIのSmartHopは、電波到達性の高い920MHz帯無線を採用。免許不要で使え、OKI独自の無線マルチポップ技術により、長距離伝送、通信品質の向上、親機1台当たり子機100台のマルチポップ接続を実現し、様々な用途のセンサーネットワークに安心してご利用いただけます。

特に、フロア間の配線が必要となるビルや、工場などの広い敷地で配線コストがかかる場合などに920MHz帯マルチポップ無線を利用することで、配線コストを削減し、低コストでフレキシブルなセンサーネットワークを構築できます。このため、工場の電力・ガス・水の見える化や生産設備の遠隔監視、病院、倉庫での温度管理システム、太陽光発電のパネル監視、IT農業といった様々な用途で導入される例が増えています。

また、OKIの無線ユニットはRS-485またはRS-232Cの汎用シリアルインターフェイスを搭載しており、業界標準のModbus RTUに加えメーカー独自のプロトコルにも幅広く対応できるため、既存のセンサー・機器と組み合わせてお使い頂けます。さらに、OKIの無線通信モジュールを搭載した各社様のSmartHop対応製品との920MHz帯無線で相互接続が可能ですので、マルチベンダのIoTソリューションを容易に構築することができます。

本展示会では、現場の振動データや温湿度データといったセンサー情報を、SmartHop 内臓センサー機器で収集・無線送信し、IoT-GWを経由してMicrosoft Azure上で可視化するデモを展示いたします。

 

 

 

Skip to main content