データハンドリングプラットフォーム『RACOON』


[提供: 株式会社データ・アプリケーション]

RACOONのご紹介です。

 

■RACOONとは

RACOON(ラクーン)は、システム連携時に必要なデータ ハンドリング部分をノンコーディング化するソリューションです。複数の入出力データを扱うことができ、文字コードやフォーマットの変換を行いながら、ソート、マージ、ファイル統合や分割などのデータ加工をノンプログラミングで実現します。

 

 

■特長

・複数の入出力に対応し、DB、CSV、XML、Excelなど企業システムに必要なフォーマットをサポート

・変換フローや定義は、Developer Studioでドラッグ&ドロップや自動マッピングで簡単作成

・高度なデータ加工は、スクリプトや関数の記述で対応可能

 

・DBやCOBOLソース/COPY句からデータレイアウトを自動生成

・エクセルデータは、専用のアドインでエクセルフォーマットの定義をインポート

・ソート、JOIN、グループ化(分割)などの特殊処理に対応しデータ加工が容易

・フォーマット、外部データ型、文字コードの部品化で、メンテナンスの効率化

・デバッグ、テスト実行時のエラー特定

・設計書自動作成でメンテナンス性を向上

・文字コードへの対応

 

 

■対応エリア

すべて

 

■対応従業員数

すべて

 

 

Skip to main content