Azure Batch Rendering 導入支援サービス『NS-Render』


[提供: 株式会社ネクストスケープ]

Azure Batch Rendering を導入いただくと、クラウド規模のレンダリング機能を従量課金ベースでご利用いただけます。ジョブのスケジューリングとキューの処理、エラーと再試行の管理、レンダリングジョブの自動スケーリングを行うことが可能ですが、プレフィックスのディスクイメージからレンダーノードを作成するため、対応できるシーンファイルに制限があり事前調整が必要となります。本サービスを活用いただくと導入時の不安を解消し、時間とロスを抑えることができます。

■NS-Render の特徴

●CG業界標準のソフトウェアを導入

  • Deadline を使ったレンダージョブを管理
  • レンダラー形式ファイルを分散レンダリング
  • Maxwell Render、V-ray に対応

●高品質・高機能のクラウドサービス

  • 高いセキュリティ(TLS/SSL暗号化)
  • 冗長ストレージ(3重バックアップ)
  • Intel Xeon ベースの16コアCPU

 

■クラウドレンダリング活用のメリット

  • ノード数の増減が容易(従量課金、即日対応)
  • 管理ストレスからの解放(対応時間の圧縮)
  • 固定費ではなく、制作費の一部として計上可能

 

■ 利用料金 (税抜)

トライアルメニュー(30万円相当)

  • お客様の制作する3 DCGコンテンツがAzure Batch Rendering を使ってレンダリング可能かどうかの検証を行います。(レンダリング対象:1 シーン、合計600フレーム、4K 解像度まで)
    テストレンダリング結果ファイルとアセスメントレポートの提出

デリバリ費用 :
費用例
3 DCG構成ヒアリング、テストレンダリング実施、Azure Batch Rendering 設定の最適化作業:20万円~

Azure の利用金額(月額):
費用例
Virtual Machine D15v2 x 400時間+ストレージ+データ転送:12万円/月
※お客様の利用状況によって金額が変わります

Azure ライセンス提供形態

NS-Render は以下のいずれかの利用、または両方の組み合わせによる貴社専用のクラウドレンダリング環境をMicrosoft Azure 上に作成し、毎月の使用量に対して請求する従量課金型サービスです。

  • Azure Batch Rendering 導入支援サービス(Partner Platform License (Bundled))
  • クラウドレンダリングVPN 環境構築サービス(Customer Platform License (BYOL))

 

 

■対応エリア

東京都、神奈川県(川崎、横浜)

 

■対応従業員数

250名未満

 

Cloud Everywhere について

Cloud Everywhere は、認定パートナー企業による検証環境構築サービスです。特定のソリューションを検証環境を構築し、Azure をスムーズにビジネスでご活用いただけるようご支援いたします。

* 実施日数はメニューにより異なります。お申し込み後に各提供パートナーと調整させていただきます。お申し込み時点で、実施希望日などがご不明な場合は、暫定の情報をご送信ください。

Cloud Everywhere カタログ >>

 

Skip to main content