ツナガル+


[提供: 富士通株式会社 / 株式会社富士通九州システムズ ]

災害時に自治体危機管理者の指定外避難所支援を効率化し、避難者同士でも共助可能なコミュニケーション基盤。

位置情報を元にした 地域コニュニティ

ライフスタイルの多様化から、あまり交流できないご近所づきあいをサポートする地域コミュニティアプリです。緊急時はもちろん、普段のコミュニケーションツールとしても活用できます。

 

POINT 1: 普段のつながりが 災害時に役立つ

災害時は近隣同士の助け合いが必要となります。町内のコミュニティに参加して、声掛けができるようにしておきましょう。連絡先を交換していなくても、参加メンバー同士で情報発信が可能です。

POINT 2: 災害時はモードが切り替わり避難所の場所や状況が分かる

災害時には、自治体の指定によりアプリが災害モードへ切り替わります。自治体の管理する指定避難所、それ以外に作成された指定外避難所の位置や設備などの状況がわかるので、避難先を検討しやすくなります。

POINT 3: コミュニティを作成して地域ごとの お知らせや情報を気軽に配信

災害時のみではなく、地域の連絡事項、イベントのお知らせなど地域ごとの日常的な情報共有ツールとしてもご利用いただけます。

 

Azure ライセンス提供形態:
Partner Platform License (Bundled)

 

Skip to main content