組込みディープラーニングのプロトタイプを制作できる「DLK(ディープラーニングキット)」


[提供: LeapMind株式会社]

〜省スペース、低コストで組込みディープラーニングを実現〜

ディープラーニングを使ったシステム開発を行うにあたり、事前に試作をしたい方に向けて、お客様のデータセットを用いた専用のディープラーニングキットをLeapMindが作成し、お渡しします。
パッケージングされたディープラーニングキットはGPUやインターネットを使用せず、単体でディープラーニングを使用できます。

閲覧表示。 アクセシビリティのヘルプを表示するには Alt キーと Shift キーを押しながら A キーを押します。

※DLKでのエッジでの処理が可能なのは推論時のみとなっております。学習時には、Microsoft社のAzureを使用します。

※現在TensorFlowベースでモデルを構築しています。今後CNTKをはじめとしたフレームワークに対応予定。

 

解決される課題

DLKにより、従来必要であったGPUやクラウドなどの大規模なコンピュータリソースを使わずともディープラーニングをエッジ側で処理できる組込みディープラーニングの試作検討が簡単に可能となります。また、組込みディープラーニングでは、省スペースで低コスト、省電力、クラウドを介さずエッジ処理するためセキュリティ面も保たれるため、従来よりもディープラーニング活用の幅が広がります。

 

利用料金 (税抜)

  • 100万円〜

 

 

Skip to main content