FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform


[提供: 富士通株式会社]

FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformのご紹介です。

 

■FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platformとは

富士通の「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(メタアーク)」は、最先端のICTと、お客様とともに培ってきたノウハウを結集したビジネス・プラットフォームです。
企業や業界の枠を”超えてつなぎ”、お客様のデジタル革新を実現します。
「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」は、MetaArcを構成する商品のひとつです。

 

■特長

・大量データの高速処理/パフォーマンス最適化

・多様なセンサーやデバイスに対応

・収集データを複数企業で安全に活用

・ユビキタスウェア連携もサポート

 

■活用例

1.工場データ収集・管理

製造現場で発生する様々なセンシングデータと関連する製造装置ログや作業員情報などの相関関係が整理されたデータをクラウドに集約することで、現場をデジタルに可視化、生産ラインの滞留や停止の要因分析を簡易化できます。

 

2.作業現場の環境改善・安全性向上

工場や建設現場で働く作業員の温度・湿度などの周囲環境や位置情報をモニタリング。データに基づく作業環境の改善によるパフォーマンス向上や危険な場所・禁止区域への立ち入りの防止などにつなげることができます。

 

3.動線把握による消費行動分析

商業施設・店舗に訪れたお客様の位置をリアルタイムに正確に把握することで、来店状況や店内での動線を把握し、既存POSの購買データなどと組み合わせることで消費行動分析/レイアウトの最適化などにつなげることができます。

 

4.災害の早期検出・対策

カメラ画像や水位情報により河川の状況をモニタリング。「ダイナミックリソースコントローラー」機能により、環境の変化に応じた適切な画像データ処理が行えます。トラフィックやクラウドのリソースを抑えた導入が可能で、安心安全な街づくりにつながります。

 

 

■対応エリア

すべて

 

■対応従業員数

1,000名以上

 

 

Skip to main content