ETC2.0対応クラウド型車両認識サービス『CaoThrough』


[提供: 株式会社シーイーシー]

■CaoThroughとは

CaoThrough(カオ・スルー)は、車両に搭載されたETC車両識別機能※1と専用システムを活用することで、車両の入退場に関する様々な管理を無人で実現するサービスです。

※1 DSRC路側アンテナによって、ETC車載器が持つ固有番号(WCN)で車両を識別システムと連動して、カーゲートやサイネージ、カメラなどの周辺機器を制御したり、携帯電話やスマートフォンへのタイムリーな情報は芯を実現します。

 

■特長

  • 小規模施設から大規模施設まで、様々な施設でご利用いただけます。
  • クラウドサービスのため、お客様側でサーバーや各種システムを構築する必要がありません。短期間でサービスを開始できます。
  • 初期投資や運用コストを抑えた仕組み作りが可能です。もちろん、事業拡大に伴ったシステムの拡張も思いのままに行えます。
  • 駐車場をはじめ、工事現場における車両の入退場や誘導、ドライバーへの情報提供など様々なサービスにご活用いただけます。
  • 本サービスの【ご利用環境】は弊社センターにて一括でお引き受けいたしますので、お客様のお手を煩わせる心配がございません(ユーザ管理・設定に関する運用などは除きます)。

 

■CaoThroughの活用例

  • 駐車場の入退場管理に利用可能
  • 複数拠点の設備を一元管理できるので、初期費用や運用コストの削減が可能
  • 顧客情報を系列店舗間で共有することで、どこの店舗でも均一のサービスを提供
  • 車両入退場時のわずらわしい操作が不要
  • 車両入退情報のリアルタイム共有を活用したシステム構築が可能

 

■対応エリア

全国

 

■対応従業員数

すべて

 

■関連資料のダウンロードはこちら

CaoThrough提案書

 

Azure ライセンス提供形態:
Partner Platform License (Bundled)

 

 

Skip to main content