FSMO の役割を転送した後の PDC エミュレーターの時刻同期の設定について

皆様、こんにちは。Windows プラットフォーム サポート担当の畠山です。 今回は、FSMO の役割を転送した後の、 PDC エミュレーターの時刻同期の設定について、ご紹介したいと思います。   1. PDC エミュレーターの時刻同期について ドメイン上の全てのコンピューターは、 Kerberos 認証を行うために、ドメイン コントローラーと同じ時刻である必要があります。 このため、ドメイン環境下の Windows の時刻は、フォレスト ルートにある PDC エミュレーターを基準に、各ドメイン コントローラー、そして各メンバー コンピューターの順に時刻を同期します。 多くの場合は、PDC エミュレーターが正確な時刻を維持するために、信頼する NTP サーバーと時刻を同期するための設定を行います。   2. FSMO の役割を転送する場合の注意 PDC エミュレーターは、FSMO の役割のひとつです。 FSMO の役割を転送する場合は、 PDC エミュレーターも役割を転送しますが、この際、時刻同期の設定は自動的には転送されません。 このため、FSMO 役割を転送した後に、PDC エミュレーター用の時刻同期の設定を手動で実施する必要があります。   設定手順は環境により異なるため、ここでは詳細な手順は割愛させていただきます。 英語の情報となりますが、下記の弊社ブログにて、手順を紹介しておりますので、ご参照いただきますと幸いです。 “It’s Simple!” ? Time Configuration in Active Directory https://blogs.technet.microsoft.com/nepapfe/2013/03/01/its-simple-time-configuration-in-active-directory/   なお、時刻の同期は、前述の通り、PDC…

0

Windows Time サービス – Slew モードと Step モード –

皆様、こんにちは。Windows プラットフォームサポート担当の藤田です。今回は、時刻の合わせ方 – Step モードと Slew モード – について、ご紹介したいと思います。 1. おさらい ~ step モードと slew モードについて~ 既にご存知の方も多いと思いますが、まずは Step モードと Slew モードについて、おさらいしたいと思います。 ===============Slew モードの時刻の合わせ方===============データベースのトランザクション管理などに影響を与えないために、NTP サーバーと NTP クライアントの時刻差を徐々に縮めることによって、時刻が戻ることを防ぎながら時刻を修正します。具体的には、NTP クライアントの方が時刻が遅れている場合には、例として、実際には 0.9 秒しか経っていないにもかかわらず、1 秒時刻を進めることにより、NTP サーバーと NTP クライアントの時刻差を徐々に縮めます。逆に、NTP クライアントの方が時刻が進んでいる場合には、例として、実際には 1.1 秒経っているにもかかわらず、1 秒だけ時刻を進めることにより、NTP サーバーと NTP クライアントの時刻差を徐々に縮めます。 ===============Step モードの時刻の合わせ方===============Slew モードのように徐々に時間差を縮めるのではなく、目標の時刻に瞬時に変更します。NTP サーバーよりも NTP クライアントの方が時刻が進んでいる場合、NTP クライアントの時刻は過去に戻ります。 2. どちらのモードが使用されるか? では、本題にはいります。Slew モードと Step モード、どのようにして、どちらの合わせ方が適用されるのか、ご存じでしょうか ? Slew…

0