fSMORoleOwner 属性の Infrastructure マスターの値にご注意

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートチームの工藤です。 今回は、ドメイン コントローラの移行作業を、適切に問題なく実施するための参考情報のひとつをご紹介させていただきます。   弊社 Windows プラットフォーム サポートでは、エラーが発生してドメイン コントローラの降格ができないというお問合せを、ときどきお寄せいただくことがあります。 具体的には、ドメイン コントローラの削除をウィザードで進めているときに、以下のようなエラーが発生する状況です。 「ディレクトリ サービスで必須の構成情報が不足しているため、浮動単一マスター操作の役割に対する所有権を判断できません。」 このエラーは、アプリケーションパーティションの fSMORoleOwner と呼ばれる属性の値がフォレスト内に存在しない DC 名になっていると発生するのですが、実は、対処方法について、弊社では以下のサポート技術情報を公開しております。 – 参考情報 インフラストラクチャ マスター役割の強制転送を行っても、アプリケーション パーティションの fSMORoleOwner 属性の値が変更されません https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2904044   ただ、この公開情報は、問題の発生を未然に防止する観点では書かれておりません。 そのため、本ブログでは、ドメイン コントローラーを降格させるときに、事前確認を行うポイントをエラーの内容詳細と併せて、以下におまとめしてみたいと思います。   ============================================================= A. 未然に防げる現象 ============================================================= 事前確認によって、以下のふたつの問題の発生を抑えることができます。 1. ドメイン コントローラーの降格が行えない ドメイン コントローラーの降格を行おうとすると、「ディレクトリ サービスで必須の構成情報が不足しているため、浮動単一マスター操作の役割に対する所有権を判断できません。」というエラー メッセージが表示され、降格ができません。 2. Adprep /rodcprep コマンドの実行に失敗する Adprep /rodcprep コマンドを実行すると、「Adprep は、パーティション DC=DomainDnsZones,DC=Contoso,DC=com のレプリカに接続できませんでした。…

0