USN ロールバックの検出方法と回復について

Windows プラットフォーム サポートの関です。 ドメイン コントローラー間でのレプリケーションが行われなくなる原因の 1 つに USN ロールバックと呼ばれる事象があります。 この USN ロールバックは、イメージからのリストアなどのサポートされない方法で復元してしまった場合に発生します。 USN ロールバックが起きると、ドメイン コントローラー間での USN (更新シーケンス番号) の不整合が発生してしまうため、レプリケーションが停止されます。 同様の問題を扱った弊社の公開情報は既に存在しますが、一部分かりづらい箇所もあるため、改めてこの問題について執筆します。 この記事では、USN ロールバックが発生しているかどうかを確認するための方法と、回復の手順をまとめました。 ================================================== ** USN ロールバック発生時の特徴 ** ================================================== レプリケーションが停止した場合、下記のような特徴が見られるかどうかで、USN ロールバックによるものかどうかを判断することができます。 < 特徴 1 > “repadmin /showrepl” コマンドを実行し、DSA オプションの欄を確認します。 現象が発生しているドメイン コントローラーでは、[DISABLE_INBOUND_REPL] および [DISABLE_OUTBOUND_REPL] というオプションが追加されています。 これにより、入出力方向のレプリケーションが停止されていることが分かります。 // 正常なドメイン コントローラー ****************************** DSA オプション: IS_GC ****************************** // 現象が発生しているドメイン コントローラー ******************************…

0

ドメイン コントローラーをベアメタル回復でバックアップ/リストアする方法

こんにちは。Windows Platform サポート チームの加山です。 ドメイン コントローラーをベアメタル回復からリストアする際に、ドメイン コントローラー特有の注意点がございますので、ベアメタル回復からリストアする際の注意点および具体的な手順の一例についてご案内いたします。

0