既定の受信の規則 “mDNS (UDP 受信)” が機能しない問題


こんにちは、Windows Platform サポートチームです。

Windows 10 バージョン 1607 および Windows Server 2016 (ビルド 14393) 以降のセキュリティが強化された Windows ファイアウォールで、既定で有効である受信の規則 "mDNS (UDP 受信)" が、正常に機能しない事象が確認されております。

 

該当の規則は、同OSバージョンからサポートされるようになった mDNS (マルチキャストDNS) の通信を許可するための規則となりますが、現在の Windows 10 ならびに Windows Server 2016 OS バージョンでは、製品の不具合により通信が許可されません。

 

この不具合については、将来のOSバージョンにて修正を検討しておりますが、次の手順で該当の規則を上書き設定することで問題を回避することができます。

 

- 手順

1. [スタート (Windows ロゴ)] [Windows 管理ツール] [セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] をクリックします。

2. 左ペインの [受信の規則] を右クリックして [新しい規則] をクリックします。

3. 規則の種類の選択画面で [事前定義] を選択して、セレクトボックスから "mDNS" を選択し、[次へ] をクリックします。

4. 事前定義された規則の画面で、中央の規則の欄に表示された "mDNS (UDP 受信)" にチェックを入れ、[次へ] をクリックします。

5. 操作の画面で、[接続を許可する] を選択して [完了] をクリックします。

 


Comments (0)

Skip to main content