Windows 10 のビルド 10240 において LSA の保護を有効化すると OS が起動できなくなる

こんにちは。Windows プラットフォームサポートの扇谷です。 今回は、LSA (Local Security Authority) の保護を有効化した場合に、OS が起動できなくなる不具合の情報についてご案内します。 LSA は、ユーザーのパスワードハッシュ等の資格情報を管理しております。 Windows 8.1/Windows Server 2012 R2 以降では、こちらの情報が盗まれないように LSA の保護を有効化することができます。 LSA の保護を有効化するには、以下のレジストリを設定して、OS を再起動することで行います。   キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa 値:RunAsPPL 種類:REG_DWORD 設定値:1   しかしながら、Windows 10 のビルド 10240 においては不具合により、上記設定により LSA の保護を有効化して、 OS を再起動した場合、OS の起動が行えなくなり、以下のように自動修復モードの画面となります。 事象が発生してしまった場合には、OS の再インストールが必要となります。 こちらの不具合は、Windows 10 のビルド 10240 (Windows 10 TH1/Windows 10 2015 LTSB) のみで発生し、 次にリリースされた Windows 10 のビルド 10586…

0

Windows 10 Fall Creators Update 用の管理用テンプレートを導入した際の警告メッセージについて

こんにちは。Windows サポート チームの依田です。 今回は、Windows 10 Fall Creators Update 用の管理用テンプレートを導入した後、グループ ポリシー管理エディターにて以下の警告メッセージが出力された場合の対処策をご案内いたします。   <警告メッセージ>                                                                           <原因> 警告メッセージの出力がある各 admx ファイルに対応した日本語の言語ファイル (.adml) が、Windows…

0