セキュリティが強化された Windows ファイアウォールで、Quick Mode の整合性アルゴリズムに SHA-256 を選択できない

こんにちは。Windows Platform サポートチームです。 セキュリティが強化された Windows ファイアウォールの GUI上から、Quick Mode の整合性アルゴリズムの既定値 (SHA-1) をカスタマイズする場合、SHA-256 を選択することができない現象が報告されています。 本件につきまして、最新情報をご案内いたします。   問題の概要 Windows Vista SP1 および Windows Server 2008 SP1 以降の Windows OS においては、 下記技術情報に記載の通り、IPsec のデータ保護設定 (Quick Mode) の整合性アルゴリズムに、 SHA-256 を利用することがサポートされております。   ** 技術情報 Description of the support for Suite B cryptographic algorithms that was added to IPsec in Windows Vista Service…

0