Windows 10 (x64) に Creators Update (v1703) を適用すると、ダイヤルアップ接続に失敗します


 

こんにちは。Windows Platform サポートチームです。

 

昨今、Windows 10 (x64) に Creators Update (v1703) を適用すると、

ダイヤルアップ接続が失敗する事象について、お問い合わせを複数件いただいております。

本事象につきまして、以下にご案内します。

 

問題の概要

Windows 10 (x64) に Creators Update (v1703) を適用後、ダイヤルアップ接続を行うと、エラー 633 により失敗します。

この現象は、Windows 10 (x86) では発生しません。

 

エラー 633: モデム (またはほかの接続デバイス) は既に使用中か、正しく構成されていません。

 

原因

本現象は、製品の問題により、RASMAN サービスがデバイス(モデム)ドライバをロードする処理に失敗するために発生します。

 

対処方法

今後の Windows Update にて、本修正を含む、累積の修正プログラムを配信予定です。

修正配信までの間は、以下の回避策で対応ください。

 

回避方法

以下の手順で、RASMAN サービスの権限設定を追加することで、現象を回避できます。

本設定により、RASMANサービスにデバイス(モデム)ドライバをロード/アンロードする権限が追加されますが、

他のサービスや OS の動作に影響はありません。

 

  1. ローカル管理者権限のあるユーザーでログオンします。
  2. スタートボタンを右クリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. regeditと入力して、[Enter] キーを押します。
  4. レジストリ エディタで、画面左から以下のレジストリ キーをクリックします。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RasMan

  1. 画面右から、RequiredPrivileges をダブル クリックします。
  2. [値のデータ] の末尾に、SeLoadDriverPrivilege を追加して [OK] ボタンをクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 以下の警告が表示される場合には、[OK] ボタンをクリックします。

    REG_MULTI_SZ 型のデータに空白文字を含むことはできません。
    レジストリ エディターは検出した空白文字列を削除します。

  2. OS を再起動します。
  3. ダイヤルアップ接続を行い、エラー 633 が解消することを確認します。

 

特記事項

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Comments (0)

Skip to main content