OS 起動時に DFS Namespace サービスが起動失敗して停止した場合、DFS パス配下のファイル書き込み時にアプリケーションによっては DFS 名前空間サーバーが切り替わらない

現象 DFS 名前空間サーバーにて、OS 起動時に DFS Namespace サービスの起動に失敗し、サービスが停止している状態を想定します。 また、名前空間のルートの共有アクセス権に書き込み権限が付与されている状態とします。 この状態において、アプリケーションから DFS パス配下のファイルへの書き込みが行われると、「パスが見つかりません」のエラーが発生します。 この状況では、アプリケーションによってはエラーとなり、DFS 名前空間サーバーが複数存在する環境であっても DFS 名前空間サーバーの切り替えが行われない場合があります。   詳細 DFS 名前空間サーバーにて、OS 起動時に DFS Namespace サービスが起動せず停止している状況では、アプリケーションの動作によって以下のエラーを応答および DFS 名前空間サーバーの切り替え動作となります。 DFS パスにアクセスするアプリケーションによってファイルの参照が行われる場合は、事前に DFS 名前空間のパスへのアクセスを行います。 この DFS 名前空間のパスへのアクセスに対して、STATUS_OBJECT_PATH_NOT_FOUND エラーを受信した場合は DFS 名前空間サーバーの切り替えが行われます。 また、DFS パス配下のファイルへの書き込みが行われる場合につきましては、DFS 名前空間サーバーの切り替えは行われませんが、その後のアプリケーションの動作によってエラーとならず DFS 名前空間サーバーの切り替えが行われるものもあります。 たとえば、echo コマンド等で DFS パス配下のファイルに書き込みを行うと (例 : echo test > \\Contoso.com\Namespace\Folder\test.txt)、エラーとなり DFS 名前空間サーバーの切り替えは行われません。 しかし、移動ユーザー プロファイルでユーザー プロファイルをロードする場合では、Profile … Continue reading OS 起動時に DFS Namespace サービスが起動失敗して停止した場合、DFS パス配下のファイル書き込み時にアプリケーションによっては DFS 名前空間サーバーが切り替わらない