OS 標準 NIC チーミング (LBFO : Load Balancing and Failover) 構成時の動作について


皆様、こんにちは。
Windows プラットフォーム サポートチームです。

本日は、Windows Server 2012 以降の OS 標準 NIC チーミング (LBFO : Load Balancing and Failover) 構成時の注意点について取り上げます。

- 現象
LBFO を構成したサーバー上で、ルーティング (RRAS) の機能を有効にし、リピータハブに接続するとパケットがループする現象が発生します。
例えば、下図のような構成では、以下の順番でパケットが処理されるため、結果、パケットがループします。

1. 送信元サーバーから宛先サーバーに対して、パケットを送信します。
2. LBFO を構成したサーバーが、リピータ ハブから転送されたパケットを受信します。
3. LBFO を構成したサーバーでルーティングが有効となっている場合は、宛先 MAC アドレスが自身の NIC の MAC アドレス宛てではないパケットもルーティング処理します。
4. ルーティングされたパケットがリピータ ハブからさらに転送されて自身で受信するため、パケットがループします。

lbfo

 

- 原因

LBFO で NIC チーミングを構成 (チーミング モード:スイッチに依存しない) した場合は、
LBFO における仮想アダプターの MAC アドレス宛てのパケットを、メンバー NIC で受信する必要があるため、プロミスキャス モードで動作します。
そのため、宛先 MAC アドレスが異なるパケットについても、物理 NIC で受信する動作となるため、その後、TCP/IP のレイヤでパケットが処理されます。
もし、LBFO を構成している環境でルーティングの設定を行っている場合は、宛先 MAC アドレスが異なるパケットもルーティング処理の対象となります。

 

- 対応策
LBFO で構成した複数の NIC をリピータ ハブに接続しないようにご注意ください。

以上、今回は NIC チーミングにおける動作モードについて、ご説明いたしました。

 

「本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。」


Comments (0)

Skip to main content