NLB(マルチキャストモード) 構築時の注意点 およびロードバランサー機器導入環境における ADFS 構築時の要件について


皆様、こんにちは。
Windows サポートチームの山本です。

今回は、Windows Server の持つ負荷分散機能であるネットワーク負荷分散(以下、NLB)を
マルチキャスト モードで構成した際の注意点ならびに、ロードバランサーなどを用いて ADFS を導入
する際の要件について取り上げます。

NLB をマルチキャスト モードで構成した際に、お使いのルーターまたは L3 スイッチによっては、
静的に NLB ホストの仮想 IP アドレスおよび仮想 MAC アドレス(03-BF-xx-xx-xx-xx)を関連付ける
ARP エントリーを事前に登録しておかないと、正常に通信が出来ない場合がございます。

これは、仮想 MAC アドレス(03-BF-xx-xx-xx-xx)に関連付けられた ARP を認識しないために発生します。

また、ロードバランサーなどを用いて AD FS の負荷分散を行うためには、AD FS サーバーファームを構築します。
まずは、プライマリの AD FS サーバーを構築し、そのファームに追加するようにセカンダリの AD FS サーバーを構築します。
後は、ロードバランサーなどにより各サーバーへの分散を行うことで負荷分散を目的とした AD FS サーバーファームが構築できます。
AD FS の構築の際には、以下システム要件のページをご参照いただき、要件の不足がないように十分にご留意ください。

AD FS Requirements
https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn554247.aspx

<関連キーワード>

Comments (0)

Skip to main content