Windows Server 2008 以降のドメインコントローラーを追加した場合自動でフォワーダーの設定が追加されることがある。


皆様こんにちは Windows サポートチームの 中垣内 (ナカガイト) です。

 

Windows Server 2003 の Active Directory の環境から Windows Server 2008 や Windows Server 2012 R2 などの環境に移行作業をすることが増えてきていると思います。

移行作業中に追加した ドメイン コントローラー 兼 DNS サーバーに フォワーダーの設定が追加されている事象に直面されたことはないでしょうか。

今回はその事象についてご紹介させていただきます。

 

現象

下記のシナリオでは、ドメイン コントローラーを昇格した際に DNS サーバーのフォワーダーの設定が自動で構成されます。

 

1. OS Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2Windows Server 2012 Windows Server 2012 R2 のいずれかである。

2. 該当サーバーに DNS サーバーのバイナリーがインストールされている。

3. 既存のドメインにドメインコントローラーを追加する。

 

原因

これは Windows Server 2008 以降の OS に追加された DNS 自動構成機能によるものです。

 

解決策

ドメインコントローラー昇格後、自動構成で追加された設定が不要な場合は個別に削除します。

また、Windows Server 2012 以降のOSであればPowerShell を利用し、DNSの自動構成を実施せずに昇格の作業が可能です。

 

PowerShell によるインストール

=============================

 

Windows Server 2012 Windows Server 2012 R2の場合 PowerShellにて、ドメインコントローラーのインストールが可能です。

以下のように -SkipAutoConfigureDns を指定して PowerShell コマンドを実行し、ドメイン コントローラーを追加します。

 

PS > Install-ADDSDomainController -DomainName <ドメインのFQDN>  -SkipAutoConfigureDns

 

なお、このオプションを利用する場合、昇格作業前にDNS サーバーの役割がインストールされている必要があります。

上記の事象が確認できているのは以下のOSです。

  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

「コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。」

Comments (0)

Skip to main content