ADMT 3.2 における PES について


こんにちは、Windows プラットフォームサポート担当の北川です。

昨日に引き続き、ADMT 3.2 に関する情報をお伝えいたします。

 

既にお気づきの方も見えるかと思いますが、ADMT 3.2 のリリースに際し、PES(パスワード エクスポート サーバー)サービスは新しくリリースされていません。

PES 3.1 は ADMT 3.1 および ADMT 3.2 上で使用できますので、ADMT 3.2 でパスワード移行を行う際は、PES 3.1 をご使用下さい。

– Password Export Server version 3.1 (x64) – 日本語

<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=5B4E5C61-1C00-4DA7-9C0D-130200AED21A&displaylang=ja>

 

上記内容は、Active Directory 移行ツール ガイドにも記載されています。

—————————

パスワードの移行の有効化

適用対象: Active Directory 移行ツール 3.1 (ADMT 3.1) および ADMT 3.2

Active Directory 移行ツール (ADMT) では、フォレスト間移行の実行時に、パスワード エクスポート サーバー サービス Version 3.1 (PES v3.1) を使用してパスワードを移行できます。ADMT v3.1 と ADMT v3.2 では、どちらも Password Export Server (PES) Version 3.1 が使用されます。PES v3.1 は Microsoft ダウンロード センターからダウンロードしてください。

—————————

 

なお、後先になりましたが、ADMT 3.2 の内容を含む、Active Directory 移行ツールガイドも公開されましたので、こちらもご確認いただけますと幸いです。

– Active Directory 移行ツール (ADMT) ガイド : Active Directory ドメインの移行と再構築

<http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=6d710919-1ba5-41ca-b2f3-c11bcb4857af>

 

「コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。」


Comments (0)

Skip to main content