リスクを管理するということ


プロジェクトを進める上で必ず頭を悩まされること、その一つがリスク管理です。

プロジェクトの成功のためには、乗り越えなければならない多くの問題が発生します。

プロジェクト期間中に必要となる緊急対応は、そのプロジェクトの運用スタート前後や構成変更の時に発生しています。

 

一度緊急事態となればプロジェクトスケジュールに影響を与えることになるため、チームメンバーは全力で対応に追われることになります。

時には昼夜を問わず問題解決を行わなければならず、担当者を疲弊させるばかりかその後のビジネスにも影響が出ます。

緊急事態は確かに担当者の問題解決能力を向上させるかもしれないですが、できれば避けたいものです。

 

 

もう少し具体的な話をしましょう。

弊社が毎月太平洋時間の第 2 火曜にリリースしているセキュリティ更新プログラム適用などは、とてもわかりやすい構成変更の一つです。

このセキュリティ更新プラグラムを即時適用している企業がどの程度存在しているのか、想像してみたことはありますか。

いわゆる大企業であっても、実態として即時適用している企業はそう多くはありません。

変更をなるべく抑えてトラブルを回避したいということでしょう、「うちは外部に直接出てないから、なるべく適用しない方針」という話をよく耳にします。

外部から隔離されていれば、確かにピンポイントで外部から攻撃されるリスクは大幅に減少すると思います。

しかし隔離することが完全な回避策になることはなく、例えば先日大量発生した conficker のように外部メディアを通じて感染し、それがデータを破損させることもあります。

 

隔離された環境であればリスク回避できている、ということは明らかに間違った考えです。

 

セキュリティ更新プログラムだけではなく、種々の修正変更モジュールなどを適用する場合、皆様はどのように実施していますか。

 

Web サイトを見て判断?関係各所からのお達し?

プロジェクト管理者やシステム管理者は、常に正しい判断を迫られています。

弊社のテクニカルアカウントマネージャ(TAM)は多くのシステム運用経験を通じてお客様をサポートしています。

私も以前は Windows のエキスパートだと自負し(井の中の蛙でした) 日々情報収集に時間を費やし満足感を得ていました。

 

今、私がプロジェクト管理者あるいはシステム管理者であり、プレミアサポートやTAMという存在を知っていたら、なんとしても会社を説得しプレミアサポートを契約します。

システム環境に適合した精度の高い情報を、短時間で提供してくれるからです。

お客様システム環境を熟知した TAM が、まるでお客様のシステム要員のように責任をもってすぐに対応を行ってくれるからです。

 

プレミアサポートを使用したリスク管理、ご検討いただきたいと思います。

 

プレミアサポート TAM


Comments (0)

Skip to main content