Azure Backup Server で Windows Server 2016 や vCenter/ESXi 6.5 の保護が可能に

執筆者: Maanas Saran (Program Manager, Azure Backup) このポストは、5 月 31 日に投稿された Protect Windows Server 2016 and vCenter/ESXi 6.5 using Azure Backup Server の翻訳です。   Azure Backup Server は、基幹ビジネス アプリケーション、および Hyper-V や VMware で実行されている仮想マシンを保護するクラウド ファースト (英語) のバックアップ ソリューションです。Azure Backup Server の最新リリースでは、SQL 2016、SharePoint 2016、Exchange 2016、Windows Server 2016 などのアプリケーションを、短期的にはローカル ディスクに、長期的にはクラウドに複製して保護することが可能になりました。また、Modern Backup Storage テクノロジが採用されたことで、ストレージ コストの削減とバックアップの高速化が可能になり、総所有コスト (TCO) がさらに削減されます。加えて、誤操作だけでなくランサムウェアなどの各種セキュリティ脅威からも重要なデータが保護 (英語) されます。また、クラウド上の回復ポイントから無料で復元することが可能なため、これもバックアップ関連の…


最大サイズの Azure ディスクのプレビューを発表

執筆者: Yuemin Lu (Program Manager, Azure Storage) このポストは、5 月 30 日に投稿された Announcing the preview of Azure’s Largest Disk sizes の翻訳です。   マイクロソフトは先日の Build カンファレンスで、Azure に最大 4 TB の容量を持つ新しいディスク サイズを追加することを発表しました。この新しいディスク サイズは、最大 250 MBps のストレージ スループット、7,500 IOPS の入出力に対応しています。この発表の詳細については、Build セッションのビデオ (英語) をご確認ください。 今回追加された新しいディスク サイズは、Managed/Unmanaged Premium Disks の P40 (2 TB) と P50 (4 TB)、および Standard Managed Disks の…


Azure File Storage 用 Storage Service Encryption の一般提供を開始

執筆者: Lavanya Kasarabada (Senior Program Manager, Azure Storage) このポストは、5 月 10 日に投稿された Announcing general availability of Storage Service Encryption for Azure File Storage の翻訳です。   本日マイクロソフトは、Azure File Storage 用 Azure Storage Service Encryption の一般提供開始を発表しました。 Azure File Storage は、分散型クロス プラットフォーム ストレージを提供するフル マネージド サービスで、アプリケーションで Azure のファイル共有パスを指定するだけで、Azure Files を使用してオンプレミスのファイル共有をクラウドに移行できます。このため、クラウド ストレージの導入に開発費をかけることなくクラウドの使用を開始することができます。Azure Files Storage は、保存中のデータが暗号化される初のフル マネージド ファイル サービスとなりました。 この機能は多くの企業のお客様からご要望が寄せられていたもので、自社の規制要件やコンプライアンス要件 (HIPAA…


Azure Backup を使用して Azure Linux VM のバックアップからファイルを瞬時に回復 (プレビュー機能)

執筆者: Kartik P V R (Program Manager II, Azure Backup) このポストは、3 月 16 日に投稿された Instant File Recovery from Azure Linux VM backup using Azure Backup – Preview の翻訳です。   先日、Azure Windows VM のバックアップからファイルを瞬時に回復する機能 (英語) が発表されました。この機能では、追加のコストやインフラストラクチャなしで Azure Recovery Services コンテナーからファイルを瞬時に回復できます。これに続いて本日、Azure Linux VM のバックアップでもこの機能がプレビューとしてリリースされました。Azure Backup を利用したことのない方は、Azure IaaS VM ブレードから直接バックアップを作成するとご利用いただけます。 価値提案 ファイルを瞬時に回復 – Azure VM のクラウド バックアップからファイルを瞬時に回復できます。誤ってファイルを削除してしまった場合や、単にバックアップの検証を行いたい場合などにこの機能を利用して、データ復元にかかる時間を大幅に短縮できます。 アプリケーション…


Azure Site Recovery を使用して Premium Storage で Hyper-V マシンを保護および復旧

執筆者: Poornima Natarajan (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、3 月 7 日に投稿された Protect and recover Hyper-V machines to premium storage with Azure Site Recovery の翻訳です。   今回、Azure の Premium Storage アカウントへの Hyper-V 仮想マシン (System Center VMM で管理されているものとそうでないものの両方を含む) のレプリケーションがサポートされました。 I/O 負荷の高いエンタープライズ クラスのワークロードについては、Premium Storage に複製することをお勧めします。Premium Storage では、VM 1 台あたりの IOPS およびディスク スループットが高く、超低レイテンシの読み取り操作を実現できます。Azure へのフェールオーバー時には、Premium Storage に複製されるワークロードが Premium Storage…


VMware 向け Azure Site Recovery Deployment Planner のパブリック プレビューを発表

執筆者: Nitin Soneji (Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、3 月 1 日に投稿された Public Preview of Azure Site Recovery Deployment Planner for VMware の翻訳です。   Azure Site Recovery (ASR) を信頼できる障害復旧ソリューションとして導入する場合、大企業では何百という仮想マシンを Microsoft Azure で保護することになるため、運用環境への移行前には適切な導入計画を行わなければなりません。そして今回、Azure Site Recovery Deployment Planner のパブリック プレビューをリリースしました。このツールを使用すると、オンプレミスのネットワーク要件、ASR のレプリケーションとアプリケーションのテスト フェールオーバーまたはフェールオーバーに必要な Microsoft Azure のコンピューティング要件やストレージ要件を把握することができます。今回のパブリック プレビュー版では、VMware から Azure へのレプリケーションにのみ対応しています。 Deployment Planner はオンプレミス環境に ASR コンポーネントをインストールすることなく実行できます。 運用環境のサーバーには直接接続せず、サーバーのパフォーマンスに影響を与えません。すべてのパフォーマンス データは、運用環境の仮想マシンをホストする VMware…


Azure Site Recovery で Windows Server 2016 をサポート

執筆者: Rajani Janaki Ram (Program Manager) このポストは、11 月 28 日に投稿された Azure Site Recovery now supports Windows Server 2016 の翻訳です。   2016 年 9 月 26 日にアトランタで開催された Ignite カンファレンスにて、マイクロソフトはサーバー OS の最新リリースとなる Windows Server 2016 を発表しました。本製品はクラウド対応の OS であるため、従来型のアプリケーションやデータセンター インフラストラクチャで実行できると同時に、ワークロードを安全性、効率、俊敏性に優れたクラウド モデルへ移行するのに適しています。 Azure Site Recovery はこの OS と同時に利用することで災害復旧に必要な機能を強化することができます。このたび、Azure Site Recovery で Windows Server 2016 がサポートされるようになりました。これにより Windows Server 2016 でホストされている…


新しい Azure ポータルで StorSimple の仮想アレイを管理

執筆者: Manu Aery (Senior Program Manager, StorSimple) このポストは、11 月 29 日に投稿された Managing StorSimple virtual arrays in the new Azure portal の翻訳です。   新しい Azure ポータルで StorSimple 仮想デバイス シリーズを管理できるようになりました。新しいポータルの StorSimple 拡張機能で Azure Resource Manager 上で稼動する StorSimple マネージャーを作成して、仮想アレイを管理できます。 新機能 強化されたユーザー エクスペリエンスと改良されたナビゲーション 効率的なタスク実行のためにワークフローを最適化、並列化 サポート エクスペリエンスと診断エクスペリエンスを統合 Azure 組み込みのロールおよびカスタム ロールを使用したアクセス管理をサポート 使用を開始するには 仮想アレイの管理に使用する StorSimple Device Manager を新規作成するには、Azure ポータルで [+ NEW]、[Storage]、[StorSimple Virtual…


StorSimple Data Transformation のプレビューを発表

執筆者: Vivek Darera (Senior Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、11 月 30 日に投稿された Announcing StorSimple Data Transformation preview の翻訳です。   マイクロソフトでは、StorSimple を使用してクラウドに移行したデータを、Azure Media Services、Azure HDInsight、Azure Machine Learning などの Azure サービスでもっと活用できないか、というご意見を多くのお客様からいただいていました。これまではスケーラブルなデータの活用は困難とされてきましたが、これがついに実現することになりました。 このたび、StorSimple Data Transformation のプライベート プレビューが開始されます。これは、StorSimple 形式から Azure BLOB にデータを変換するマネージド サービスで、変換したデータは Azure の多種多様なサービスで活用できます。 StorSimple Data Transformation を使用すると、オンプレミスの StorSimple ボリュームに存在するファイルが Azure BLOB に変換されます。各ファイルは、ストレージ アカウントに BLOB として保存されます。StorSimple はメディア…


Azure Storage の大規模ブロック BLOB の一般提供を開始

執筆者: Michael Hauss (Program Manager, Azure Storage) このポストは、12 月 22 日に投稿された General Availability: Larger Block Blobs in Azure Storage の翻訳です。   Azure Blob Storage は、1 テナントあたり数千ペタバイトのデータを格納および処理できる能力を備えた、大規模な拡張が可能なストレージ ソリューションで、メディア、ドキュメント、ログ ファイル、科学的データなどさまざまな種類のデータをサポートしています。マイクロソフトのお客様の多くが膨大なデータ セットの格納に BLOB を利用していることから、もっと大規模なファイルをサポートしてほしいというご要望が寄せられていました。今回、大規模なブロック BLOB が導入されたことにより、ファイル サイズが合計で最大 195 GB から 4.77 TB にまで拡張されました。BLOB サイズの拡張によって多様なシナリオがサポートされるようになったため、4K および 8K 動画の格納や処理を行うメディア関連企業から、DNA 解析を行うがん研究者まで、幅広いお客様にご利用いただけるようになりました。 Azure Block Blob はいつでも変更でき、BLOB 全体をアップロードすることなくデータのブロックを追加、更新、削除することができます。拡張された新しいブロック BLOB では、これまで以上に優れたパフォーマンスとコスト効率で更新でき、大規模なオブジェクトの一部が頻繁に変更されるようなワークロードに関しては特に適していると言えます。オブジェクトの更新など、このブロック BLOB サービスの詳細については、Build カンファレンスでのセッションを収録したこちらのビデオ…