Azure Storage Blob で論理的な削除機能の一般提供を開始

執筆者: Michael Hauss (Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 5 月 30 日に投稿された Soft delete for Azure Storage Blobs generally available の翻訳です。   このたび、Azure Storage Blob の論理的な削除機能を、すべてのパブリック リージョンとプライベート リージョンでご利用いただけるようになりました。 この機能を有効化すると、Blob や Blob スナップショットを削除してもデータが保持され、データを復旧できるようになります。上書きされた Blob データもこの機能で保護することができます。 しくみ データを削除すると、そのデータは永久的に消去されるのではなく、論理的に削除された状態に移行します。論理的削除が有効な状態でデータを上書きすると、論理的に削除されたデータのスナップショットが生成され、上書き前のデータの状態が保持されます。論理的に削除されたオブジェクトは、明示的にリスト化されない限り見えない状態で保持されます。このデータの復旧可能な保持期間は、ユーザーが設定できます。 論理的に削除されたデータは灰色、アクティブなデータは青色で示されています。古いデータの下に示されているのが直近に書き込まれたデータです。B0 が B1 で上書きされると、論理的に削除された B0 のスナップショットが生成されます。Blob が削除されると、ルート (B1) も論理的に削除された状態に移行します。 論理的削除は完全に下位互換であるため、この機能を使用するためにアプリケーションを変更する必要はありません。今回の一般提供開始に伴い、論理的削除のスナップショットによる Blob の階層化をサポートしました。論理的削除のスナップショットが格納されている Blob で Set Blob Tier を呼び出すと、スナップショットは元のストレージ階層で設定した期間保持され、元の…


Azure ファイル共有のバックアップの概要

執筆者: Vishnu Charan TJ (Program Manager II, Azure Backup) このポストは、2018 年 2 月 21 日に投稿された Introducing backup for Azure file shares の翻訳です。   このたび、Azure ファイル共有のバックアップのパブリック プレビューを開始しました。Azure Files は、業界標準の SMB プロトコルをサポートするクラウド ファーストのファイル共有ソリューションです。今回のプレビュー期間中、Azure Backup は Azure ファイル共有のネイティブ バックアップ ソリューションとしてご利用いただけます。これは、企業への Azure Files の導入を促進するうえで大きな武器となります。Recovery Services コンテナーを使用して Azure Backup でファイル共有を保護すると、ファイルの安全性を簡単に確保し、過去のファイルを瞬時に復元することができます。 主な機能 保護されていないファイル共有を検出: Recovery Services コンテナーを使用して、保護されていないストレージ アカウントとそのファイル共有を検出します。 複数のファイルを同時にバックアップ: ストレージ アカウント内の複数のファイル共有を選択し、共通のポリシーを適用すると、大規模なバックアップを実行できます。 スケジュールを設定して自動化:…


Azure Zone Redundant Storage のパブリック プレビュー

執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、2018 年 1 月 24 日に投稿された Azure Zone Redundant Storage in public preview の翻訳です。   このたび、Azure Zone Redundant Storage (ZRS) のパブリック プレビューの提供が開始されました。ZRS では、高可用性アプリケーションの開発を大幅に簡素化するために、3 つの可用性ゾーンにそれぞれデータのレプリカを保管します。データの挿入や更新は、すべての可用性ゾーンで同時に実行されます。これにより、いずれかの可用性ゾーンでデータを利用または復旧できなくなった場合でも、引き続きデータの読み取り/書き込みを行うことができます。ZRS は Azure の可用性ゾーンを基盤として構築されており、単一リージョン内の複数のデータセンターによって障害を分離することで、障害からの回復性を提供します。 Zone Redundant Storage の使用は、リージョン内の可用性を確保することが不可欠で、ダウンタイムが許容されず、読み取りアクセスと書き込みアクセスの両方が常時必要となるアプリケーションにご検討ください。 今回の ZRS パブリック プレビューのリリースにより、お客様のストレージに関するニーズに対応する Azure の耐久性オプションがさらに強化されます。このオプションには、リージョン内の高可用性を確保する ZRS、単一リージョンの耐久性に優れたストレージを低コストで提供するローカル冗長ストレージ (LRS)、災害復旧シナリオに備えてリージョン間の冗長性を確保する geo 冗長ストレージ (GRS)、GRS に読み取りアクセスを追加した読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) が含まれます。…


Azure Backup を VM 作成エクスペリエンスに統合

執筆者: Trinadh Kotturu (Senior Program Manager, Azure Backup) このポストは、2018 年 1 月 23 日に投稿された Announcing integration of Azure Backup into VM create experience の翻訳です。   このたび、ポータルの VM 作成エクスペリエンスから仮想マシンのバックアップを有効化できるようになりました。昨年には、VM 管理ブレードからの仮想マシンのバックアップもサポートされています。今回の発表により、VM 作成時からエンタープライズ レベルのバックアップ ソリューションを使用して VM を保護することが可能になります。Azure Backup では、Azure が提供するさまざまな種類の VM のバックアップがサポートされます。対象は Windows と Linux、マネージド ディスクと非マネージド ディスク上の VM、Premium Storage と Standard Storage、暗号化 VM と非暗号化 VM、これらの組み合わせなど多岐にわたります。   機能の概要 Azure…


ストレージ アカウントの制限引き上げを発表

執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage) このポストは、9 月 20 日に投稿された Announcing larger, higher scale storage accounts の翻訳です。   クラウド コンピューティングの中でも、特に成長が著しい分野の 1 つが、データ ストレージです。クラウドは、IoT のテレメトリ、ログ記録、メディア、ゲノミクス、アーカイブなどのさまざまなワークロードで使用されているため、データ量が増え続けています。このため、ビジネス インサイトを得るためにデータの保存や分析に使用する容量、帯域幅、トランザクション能力について、これまで以上に高いスケーラビリティが求められています。 Azure Blob ストレージ アカウントのスケーラビリティが最大 10 倍にアップ このたび、Standard サービス レベルの Azure Storage アカウントの容量とスケーラビリティが引き上げられることが発表されました。これにより、Azure Storage を使ったクラウド規模のアプリケーションの構築エクスペリエンスが大幅に改善されます。本日より、Azure Blob ストレージ アカウントでは以下のとおり制限が引き上げられます。 リソース 引き上げ後の制限 Blob ストレージ アカウントの最大容量 5PB (10 倍) Blob ストレージ アカウントの最大…


Azure Archive Blob Storage と Blob レベルの階層化のパブリック プレビューを発表

執筆者: Kumail Hussain (Sr. Program Manager) このポストは、8 月 23 日に投稿された Announcing the public preview of Azure Archive Blob Storage and Blob-Level Tiering の翻訳です。   近年の爆発的とも言えるデータ量の増加は、スタートアップから大企業に至るまで、あらゆる業界における大きな悩みの種です。このようなデータのほとんどは、日常的にアクセスすることのない人事情報、診療記録、顧客情報、財務記録、バックアップなどですが、ビジネス継続性やコンプライアンス要件の面で長期間保持する必要があります。また、近年は人工知能やデータ分析が進化し、今まで重要とされていなかったデータの価値が新たに認識され始めています。このような膨大な量のデータ セットを長期間保持するために、スケーラブルでコスト効率の良いソリューションが求められています。 昨年リリースされた Cool Blob Storage では、アクセス頻度の低いデータを Cool 階層に分類することでストレージ コストを削減できるようになりました。このたびパブリック プレビューが発表された Archive Blob Storage では、アクセスがほとんどないデータを最も低価格の階層に保存して、さらなるコスト削減を実現します。また、Blob レベルの階層化のパブリック プレビューでは、すべての階層におけるオブジェクト レベルのデータ ライフサイクル管理を簡潔にし、ストレージ コストを最適化できます。 エンタープライズ向けにバックアップおよびアーカイブ サービスを手がける主力企業 HubStor の CEO は次のように述べています。「この画期的な機能は、当社がまさに求めていたものです。Azure Archive Blob Storage は、ストレージ分野でのマイクロソフトの高い競争力を証明しています」。 Azure…


Azure IaaS VM: 最大 4 TB の大容量ディスクを発表

執筆者: Yuemin Lu (Program Manager, Azure Storage) このポストは、6 月 15 日に投稿された Announcing large disk sizes of up to 4 TB for Azure IaaS VMs の翻訳です。   Azure Disk Storage の最大容量を拡大、パフォーマンスを向上 このたび、Premium と Standard の両方のストレージでディスクの最大容量が拡大され、VM 1 台あたりのディスク容量が従来の 1,024 GB から 4 倍の 4,095 GB に増えました。GS5 VM に容量 4 TB のディスクを 64 台使用すると、合計 256 TB のディスク ストレージをプロビジョニングできることになります。この変更により、今後は…


Azure Managed Disks 用 Storage Service Encryption を発表

執筆者: Raman Kumar (Senior Program Manager, Azure Managed Disks) このポストは、6 月 13 日に投稿された Announcing Storage Service Encryption for Azure Managed Disks の翻訳です。   マイクロソフトは 2017 年 2 月に、Managed Disks の一般提供を開始したことを発表しました。そして本日は、Managed Disks 用 Azure Storage Service Encryption (SSE) を発表いたします。SSE では保存中のデータを暗号化することでデータの安全性を確保し、企業のセキュリティとコンプライアンスに関するニーズに対応することができます。 SSE はすべてのパブリック リージョンおよび Germany リージョンにおけるすべての Managed Disks、スナップショット、イメージで既定で有効化されます。2017 年 6 月 10 日より、すべての新規の Managed Disks、スナップショット、イメージ、および既存の Managed Disks…


Storage Service Encryption with Customer Managed Keys の限定版プレビューを発表

執筆者: Lavanya Kasarabada (Senior Program Manager, Azure Storage) このポストは、6 月 8 日に投稿された Announcing Storage Service Encryption with Customer Managed Keys limited preview の翻訳です。   Azure Key Vault と統合された Azure Storage Service Encryption with Customer Managed Keys のプレビュー版がリリースされ、Azure Blob Storage の Storage Service Encryption でお客様自身が管理する暗号化キーを使用できるようになりました。マイクロソフトが管理するキーを使用した Azure Blob Storage および Azure File Storage 用の Storage Service Encryption…


Azure IaaS 仮想マシンの災害復旧機能のパブリック プレビューを発表

執筆者: Rochak Mittal (Principal Program Manager, Cloud + Enterprise) このポストは、5 月 31 日に投稿された Announcing public preview of disaster recovery for Azure IaaS virtual machines の翻訳です。   マイクロソフトは、Azure Site Recovery (ASR) の拡張機能である Azure IaaS 仮想マシン (VM) の災害復旧機能のパブリック プレビューを発表しました。この機能を使用すると、Azure で実行される IaaS ベースのアプリケーションを同一地域 (英語) の別の Azure リージョンに簡単に複製して保護することができます。この際、追加のインフラストラクチャ コンポーネントやソフトウェア アプライアンスを既存のサブスクリプションにデプロイする必要はありません。この新機能を IaaS 仮想マシンの Azure Backup と併用することで、Azure 上のすべての IaaS ベース アプリケーションに対する総合的なビジネス継続性および災害復旧の戦略を策定できます。…