SAS の更新: アカウント SAS をすべてのストレージ サービスで使用可能に

このポストは、1 月 14 日に投稿された SAS Update: Account SAS now supports all storage services の翻訳です。 共有アクセス署名 (SAS) を使用すると、ストレージ アカウント キーを共有することなくストレージ アカウント内のデータへのアクセス権を委任することができます。マイクロソフトは 2015 年の後半に、Azure Blob Service と File Service をサポートする「アカウント SAS」という新たな種類の SAS トークンを発表しました。 そして今回、このアカウント SAS が Azure Storage の Table と Queue にも対応することになりました。この機能は Azure Storage サービスのバージョン 2015-04-05 に適用されます。 アカウント SAS は 1 つまたは複数のストレージ サービスでリソースへのアクセス権を委任するもので、ストレージ アカウント キーと同等の機能を使用できます。これにより BLOB…


AzureCon 2015: Azure Storage に関する発表まとめ

このポストは、9 月 29 日に投稿された AzureCon 2015: Azure Storage Announcements の翻訳です。   Azure File Storageの一般提供開始 マイクロソフトはこのたび、Azure File Storage の一般提供開始を発表しました。お客様は、Azure File Storage の完全に管理されたファイル共有と以下の新機能を運用環境でご利用いただくことができます。 SMB 3.0 のサポート – ファイル共有の可用性が向上し、あらゆる場所 (Azure またはオンプレミス) からファイル共有をマウントできるようになりました。 Azure ポータルの新しいファイル エクスプローラー機能 – Azure File Storage へのアップロードや Azure File Storage からのダウンロードなど、さまざまなファイル共有管理機能を提供する新しい UI が追加されました。 各種メトリックによる診断 – Storage Analytics が Azure File Storage にも対応するようになりました。 詳しくは、Azure File Storage…